堂本光一 “ふたりの男の絆”に共感、初の映画アンバサダー就任

映画・舞台 公開日:2019/12/14 10
この記事を
クリップ

歴史上、最も伝説的なレースで、絶対王者フェラーリに立ち向かった男たちの奇跡のような挑戦の実話『フォードvsフェラーリ』が2020年1月10日(金)に日本公開。本作を全面的に応援する“アンバサダー“に堂本光一が就任することが発表された。

マット・デイモンと、クリスチャン・ベイル、アカデミー俳優の2人が今回初共演で主演を務める本作は、先月の全米公開時には初登場No.1スタートを切り、早くも評論家たちに絶賛されている。舞台は世界が熱狂した1966年のル・マン24時間レース――。歴史を変えた、2人の男の熱い友情と、チームの絆、そして不可能に挑戦し続ける姿を描いた奇跡の大逆転の物語。監督は『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールド。

疾走感のある大迫力のレースシーンと、絶対王者に君臨するフェラーリに屈せず挑む男たちの姿を描いた人間ドラマに、早くもアカデミー賞最有力!との声も上がっており、私たち日本人の誰もが共感せずにはいられない作品となっている。

そしてこの度、堂本光一が本作を全面的に応援する“アンバサダー“に就任することが決定した。トップアイドルの第一線を駆け抜けながら、テレビはもちろん、ライフワークとなっている舞台での活躍など、常に日本のエンターテインメントを牽引してきた堂本光一が、映画のアンバサダーを引き受けることは初めてのこと。本作『フォードvsフェラーリ』の魅力を全国に届ける。

筋金入りのフェラーリファンとしても知られる堂本は、アンバサダーのオファーに「光栄なことですし、話を頂いたとき凄く嬉しかったですね!フェラーリ好きなので!」と快諾。「レースに参戦するお金を稼ぐ為に市販車を作っているという、フェラーリの伝統や文化が好きです。」とフェラーリ愛を語り、迫力のあるレースシーンに太鼓判を押しつつ、「すごく人間的な部分が描かれているのが素敵だなと思いました。企業で働く人のそれぞれの想いや、友情関係など、現代社会を生きる我々に訴えかける部分が多くて印象的でしたね!」と本作が描く圧倒的な人間ドラマについてもコメント。「お互いに愛情を持っていて、同じ志を持っている、ふたりの友情に本当にグッときました!」と続け、20年以上コンビで活動している堂本だからこそ語れる“ふたりの男の絆”にも触れ、今回のアンバサダーへの意気込みを力強く語った。

今後、12月27日より本人出演のWEBCM、1月1日よりテレビCMがスタートする予定となっている。今の時代だからこそ伝えたい挑戦の実話、不屈の精神で不可能に立ち向かう男たちの友情を、情熱たっぷりに日本全国に届けてくれることは間違いない!


<堂本光一 オフィシャルインタビュー>




Q:今回、本作のアンバサダーとなることについてのお気持ちはいかがですか?
A:凄く光栄な事ですし、話を最初頂いたとき凄く嬉しかったです。フェラーリ好きなので(笑)

Q:本作の中でお気に入りのシーンを教えて下さい。
A:もちろんクルマ好きには凄く楽しめる。レースシーンだけじゃなく、ちょこっと移動しているシーンでも、ああ!すげぇこの車いいなとかオシャレ感があるんですよ。昔の車独特の良さっていうのが、凄く車好きには心くすぐられる部分がありましたし、最近クルマ離れが激しいじゃないですか!?若い人たちがこの作品をみて車っていいなって思っていただけたら! 描かれている部分でよかったなと思う部分は、主役の二人の友情とか、今の現代にも通ずる大企業の中の一人の人間として何ができるのかという部分とかそういった人間的な部分が描かれているのが印象に残りましたね。


Q:疾走感のある迫力のレースシーンも魅力ですが、本作はシェルビーとマイルズの、プライドを懸けた挑戦や、“互いを必要とするふたりの友情”も大きなテーマとなっています。ふたりの絆や友情についてはどう思われましたか。共感する部分などはありましたか?
A:なんとなく、人間的にもそうですしいろんな世の中の社会とか色んな物がシステム化されているじゃないですか、人間も、普段生活の中でも。それが根本にある人間として大事な部分が、人間らしく人間臭く描かれているのが、現代において忘れちゃいけないこういう気持ち、こういう感覚というのが、この映画から思い出させられるような感じがあってその部分が凄く好きでしたね。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)