土屋炎伽さん、セクシー衣装で完璧ボディライン披露「すごく新鮮な気持ち」

映画・舞台 公開日:2019/12/10 24
この記事を
クリップ

土屋太鳳の姉で「ミス・ジャパン」初代グランプリの土屋炎伽さんが10日、都内で行われた映画「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」スーパープレミアムセット発売記念イベントに出席した。

本作は、シリーズ累計興収5000億円を突破し、他に類を見ない最強のアクションシリーズへと成長を遂げた『ワイルド・スピード』最新作。今回、超高級車“McLaren720S”をセットにしたスーパープレミアムなブルーレイが3580万円で限定3セット発売されることを記念した同イベントに、本作に登場するデッカード・ショウの妹・ハッティ(ヴァネッサ・カービー)をイメージしたクールなパンツスタイルで登場した土屋さん。




「ミス・ジャパン」初代グランプリを獲得後の今でも会社員として働く土屋さんは、グランプリ獲得後に環境の変化はあったか尋ねられると「いつもは会社勤めとチアリーダーの両立で、生活の基盤は変わらないのですが、やはり今、ここに立たせていただいていることがとても不思議ですので、自分が自覚している以上に環境は変化しているのかなと思います」と語り、PRイベントに参加するのも初めてだそうで「いつもテレビだったり新聞で拝見している光景の中にいると思うと、すごく不思議で緊張しますが、とても光栄です」と笑顔を見せた。

また、ボディラインがハッキリと分かるセクシーでクールな衣装について聞かれると「こういったハードな格好は普段あまりすることがないので、すごく新鮮な気持ちです」と語り、着心地については「いいですね(笑)。こんなピッタリとした服はあまり着ることがないので、また着る機会があったら、そこに向けてトレーニングをしてボディラインを作りたいなって思ったりしました」とコメント。普段はどんな服装を来ているのか追求されると「会社に勤めておりますので、オフィスに行っても違和感のないような落ち着き目な雰囲気のものが多いかなと思います」と明かし、プライベートでは「脱ぎ着しやすくて、でもきちんと感が出るような1枚もののワンピースやジーンズが多いかなと思います」と答えた。

さらに、本作の内容にちなみ、家族で協力して何かを成し遂げた経験はあるか尋ねられると「成し遂げるとはまた違うかもしれないのですが、今だとそれぞれお仕事をしている中で、家族の誰かが何かを乗り越えようとするときは、家族全員で支えるという形で、みんなで乗り越えて何かを成し遂げているのかなと思います」と語り、「具体的に言うと、私は社会人になっていろいろなことが重なって体調を崩したときも、誰かが見守ってくれていましたし、妹や弟はいつも連絡をくれて、『どんなときも味方だよ』って言葉が心強かったです」と家族の絆を明かした。

超高級車“McLaren720S”に見惚れていた土屋さんは、同車でどこかに行くなら誰とどこに行きたいか質問されると「こんな素敵な車だったら、まずは家族を乗せて、今の時期だったらイルミネーションがきれいなので、ちょっと遠出してイルミネーションを見に行きたいなって思います」と目を輝かせ、自身は運転免許証を来年取得する予定だそうで、その後に車を買うならどんな車がほしいか質問されると「最初はぶつけてしまうのは怖いので、なるべく乗りやすい、使い回しのいい車だったら嬉しいなと思います。上達したらかっこいいのに挑戦したいです」と想像した。

クリスマスの予定については「弟と会えるかなって言っていて、弟がいなくても家族でクリームシチューが好きなので、クリームシチューを作ってもらって過ごそうかなって思っています」と声を弾ませ、「クリスマスとか大晦日などのイベント事は、なるべく家族に会えたらなと思って、集まれる人が集まっています。(年末年始は)妹も含めて実家の近所にある神社に初詣に行っているので、今年も集まる予定です」と明かした。

また、今年1年の感想を尋ねられると「自分自身、この年を大きな挑戦をしてターニングポイントにしたいと思っていたので、すごくそう言えるなって年でした。環境も変わる部分もありましたけど、自分が目指していたような過ごし方ができて、すごいいい年だったなと思っています」と満足げな表情を浮かべ、そんな2019年を変化の“変”と表した土屋は「すごく自分自身、気持ちの持ちようも変わったし、環境も変わったし、変わろうって努力した年だったかなと思います」とニッコリ。

来年の抱負について土屋さんは「自分の中で新しくやりたいことをしっかりと、今までやってきた点と点を結び付けたいと思っているので、今までの人生でやってきたことを繋げていく年。さらにもっと大きなことに挑戦できる年にしたいです」と語り、具体的に挑戦したいことを追求されると「来年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されますので、やはりチアリーダーとしてずっとスポーツを応援してきた身からして、何か少しでも携われたらなという、そういう大きなことに挑戦できたらなって思いがあります」と打ち明けた。

この記事の画像一覧 (全 26件)