土屋太鳳×夏木マリ『ピノキオ』題材の舞台、国内ツアーが決定

映画・舞台 公開日:2019/12/09 8
この記事を
クリップ

エンターテイメントの未来を背負う土屋太鳳が出演、そしてその第一線を走り続ける夏木マリが3年振りに演出を務める世界初演作品『印象派 NEO vol.4 「The Last of Pinocchio ピノキオの終わり」』のキービジュアルが本日より公開された。トレーラー映像も同時公開され、公式HPで配信中だ。




また、世田谷パブリックシアターに加え、国内3箇所(京都、福岡、高崎)での上演も決定。チケット情報は2020年1月中旬に発表予定。

2020年【印象派 NEO】童話シリーズ第4弾の『印象派 NEO vol.4 「The Last of Pinocchio ピノキオの終わり」』。子供ごころを失わずいつも新鮮に生きたいと感じるが、子供に読み聞かせる童話は、大人こそが読まなければいけないバイブル。そんな想いで【印象派 NEO】では、過去『わたしたちの赤ずきん』『灰かぶりのシンデレラ』『不思議の国の白雪姫』と作品を上演してきた。童話の残酷性と現代社会のアンチテーゼを演出コンセプトに 新作は『ピノキオ』を題材にした作品を上演する。


■『印象派 NEO vol.4 「The Last of Pinocchio ピノキオの終わり」』
公演日時:2020年6月3日(水)~7日(日)世田谷パブリックシアター
     2020年6月11日(木)ロームシアター京都
     2020年6月16日(火)アクロス福岡
     2020年6月27日(土)高崎芸術劇場
出演:土屋太鳳、マメ山田、Mari Natsuki Terroir(マリナツキテロワール)、夏木マリ
演出:夏木マリ

公式HP:http://inshouha-neo.com/


【関連商品】

   

   

この記事の画像一覧 (全 3件)