窪田正孝も大興奮、マカオ映画祭で万雷の拍手鳴りやまず

映画・舞台 公開日:2019/12/09 12
この記事を
クリップ


本作での海外映画祭は初めての参加となった内野は「台本いただいた時、勢いのあるものだなと感じましたが、海外映画祭に参加して実際に三池監督の作品がどのように受け入れられているのか反応をみるのが楽しみです。私は劇中でバイオレンス担当なのですが、そのようなところもどのようにみられているのか楽しみです。」と答え、観客の反応に期待している様子。ベッキーは「観客の生の反応を見ながら自分も観るのが初めてなのでとてもすごく興味深いです。妹がアメリカで見た際に私のシーンでも笑いが起きているところが一か所あったみたいで、そんなシーンあったかな…と思うので、どこなのチェックしてみたいと思います。」と、本作で見事な怪演を見せたベッキーならではの意気込みを語った。




同日の夜に行われたレッドカーペットでは多くの観客が詰めかけ、大きな歓声が止まないなか4人のサインを求める人々で溢れかえった。そんな熱烈なファンの声援に、ひとつひとつ丁寧に答えるなか10分ほど押して舞台挨拶がスタート。

600席の場内はほぼ満席の中、三池監督は「土曜の夜、今日のこの時間に観るのにちょうどいい作品だと思いますのでぜひお楽しみください!」コメント。窪田は広東語で一言挨拶をすると会場からははちきれんばかりの黄色い歓声が!続けて、「この作品を通して、日本映画の素晴らしさが海を越えて一人でも多くの人に届くといいなと思っています。渾身の力作なので、観終わった人に身近な助けてくれる人へ感謝の気持ちが芽生えてくれたら嬉しいです。」と本作にかける熱い思いを述べた。

ベッキーは「今はにこやかですが、映画が始まったら悪魔のような顔になります。(笑)そこもぜひ楽しんでください。でも、その根底には”FIRST LOVE”があること忘れないでください!」と観客に呼びかけた。内野も広東語の挨拶でファンを沸かせると「今や絶滅危惧種となっているヤクザという過激な役を演じています。ぶっとんだ映画になっていますので、最後まで楽しんでください。」とコメントし、観客のボルテージが最高潮に達するなか上映がスタート。

エンドロールでは既に万雷の拍手が鳴りやまず、上映後には盛大な歓声があがった。観客と一緒に鑑賞した窪田は「カンヌの時はお客さんと一緒に作品を見られなかったけれど、今日皆さんと観られて、笑いたいところは笑うという素直に映画を楽しんでいる様子を伺えて嬉しかったです!」と喜びを明かし、『初恋』の上映は観客もキャストも大興奮の中幕を閉じた。


■映画『初恋』
2020年2月28日(金)全国公開
出演:
窪田正孝 大森南朋 染谷将太 小西桜子 ベッキー
三浦貴大 藤岡麻美 顏正國 段鈞豪 矢島舞美 出合正幸
村上 淳 滝藤賢一 ベンガル 塩見三省 ・ 内野聖陽
監督:三池崇史
配給:東映
(C)2020「初恋」製作委員会

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)