窪田正孝も大興奮、マカオ映画祭で万雷の拍手鳴りやまず

映画・舞台 公開日:2019/12/09 9
この記事を
クリップ

三池崇史監督×窪田正孝主演の映画『初恋』(2020年2月28日公開、配給:東映)が、第4回マカオ国際映画祭のフライングダガー部門へ出品し、窪田正孝、内野聖陽、ベッキー、三池崇史監督が本映画祭へ参加した。

今年で4回目を迎えたマカオ国際映画祭は、現地の若い世代の映画文化を反映し、人気作やジャンル作品を中心に構成される国際映画祭。三池崇史監督は第1回マカオ国際映画祭に『土竜の唄 香港狂騒曲』で参加して以来2回目、窪田正孝、内野聖陽、ベッキーは初参加となった。

深夜にマカオへ到着した一向は空港からホテルへタクシーで向かう際、ものの10分で着くところを1時間ほどの回り道を強いられるというプチハプニングに見舞われながらも、内野は運転手が夜景を楽しませてくれたと前向きに捉えマカオのきらびやかな街並みを楽しんだ。

7日(土)に行われた海外メディア向けの囲み取材ではアジアメディア、インターナショナルメディアからの多くの質問に答えた。

三池監督は、多岐にわたるジャンルの作品を手掛けるなかで香港映画からの影響は受けているかという質問に対し「僕は映画監督になりたかったというよりも、ブルース・リーになりたかった!カンフー映画は子供頃からたくさん観ているので、監督として以前に人間として影響受けている。」と答え、ジャッキー・チェン以前の香港映画から強い影響を受けていることを明かした。

窪田は、役作りについて聞かれると「ジムのシーンを一日で前日は試合のシーンがそれぞれ1日で撮影したのは体力的に辛かったですが、念願のボクサー役だったので頑張りました!(笑)」と、厳しい撮影を笑顔で振り返った。

内野は、本作に携わり驚いたことを聞かれると「自らがよく行くホームセンターが舞台になっていることにまず驚いた」と答え、さらに「駐車場の2階から車で飛び出すという画コンテを監督にみせられて驚いた。監督の奇抜なアイディアにエキサイトしましたし、良い映画に出会えたなと思いました。」と、三池監督らしいアイディアに驚きの連続だったことを明かした。

ベッキーは、本作に携わった感想を聞かれると、「まず本作に出演できて本当にうれしかったです。憧れであった三池監督に声をかけていただいたので、すぐに出演のお返事をさせていただきました。私が感情爆発させる時は皆さんが空気を作ってくれて。明るすぎるわけでも、暗すぎるわけでもなく、居心地のいい現場だった。シーンに合う現場でやりやすかったです。」と感無量の様子でコメントした。


さらに、マカオ国際映画祭の印象について聞かれると窪田は「マカオは電力100パーセント使っているのではないかと思うくらい、ギラギラでした!これからたくさんの海外の方々に見ていただく中でジャンルを問わず映画って楽しいなって思っていただけると嬉しいです。」、三池監督は「マカオは1回目に来た時からギラギラしていました(笑)。マカオ映画祭は4回目を向かえて成長してきていると思うしこれからも楽しみな映画祭です。」とコメント。

三池監督と他の監督との違いについて問われると、窪田は「いろんな現場でやってきた中で、誰よりも現場を楽しんでいる姿が10年間変わらない三池監督はすごい。主要キャストだけでなく、通行人や周りの出演する人全員に対して愛をもって役を導いているのは素晴らしいなと思う。」、内野は「映画にかけるやんちゃぶりは素敵だと思う。日本映画の現場はいろんな制約があるものの、前向きに捉えて、作品を愛して戦い続ける姿は見ていて嬉しかった。高みに挑んでく姿は、みんながついていきたくなるくらい、三池監督の映画愛は別格。」、ベッキーは「感情を爆発させるシーンを撮影する時に、まず感情作ってからカメラを回していただいたのですが、感情が出来た時に“カメラ回してください”って言わなきゃって思った瞬間に監督が言ってくださって。初めてご一緒したのに、こんなに私を理解してくださる方がいるんだって有難かったです。」と、それぞれ三池監督に対する特別な思いがあることを明かした。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)