今田美桜の悪役ぶり、梶裕貴絶賛「このビジュアルであんな声出るんだ」

映画・舞台 公開日:2019/12/06 6
この記事を
クリップ

12月20日に公開する映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』の完成披露試写会が5日、東京・豊洲PITにて行われ、女優の今田美桜、俳優の井上芳雄、声優の山下大輝、岡本信彦、石川界人、梶裕貴が登壇した。




本作では、デク・爆豪・お茶子・轟ら、雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒たちが全員集結。全世界の人々がその存在に憧れるも、惜しまれつつヒーロー活動を引退した"平和の象徴"オールマイトに代わり、ある事件で暗躍し、圧倒的な強さを誇る、シリーズ史上最凶のヴィラン、ナインに立ち向かう。


アニメ声優への初挑戦となる今田は「今回初めて参加させていただいて、大興奮しました」と、同作への出演に歓喜。主人公・デクこと緑谷出久を演じる山下ら声優陣には「本物の声を聞いてビックリして圧倒されています」とコメントした。


また、普段はミュージカルを中心に活躍する井上も、岡本が爆豪勝己の声で雄叫びをあげたのに対して「隣の人(岡本)が急に大きな声を出したのでびっくりしました。『こういう世界なんだ』って」とこぼし、笑いを誘った。


画が出来上がる前に声の収録があったとのことで、井上は「慣れていないので、どうやったらいいのかというところから入って。丸みたいなのを見ながら『うぉーっ』て」と、キャラクターが「丸」で表現された画面を見ながら演じていたことを告白。「自分の人間性がおかしくなりそうな。想像力でカバーしました」と打ち明け、笑いを誘った。


続けて今田も「本当にビックリで、私もやり方がわからなかったんですけど(声優陣を)本当に尊敬です。ナインがどんな方なんだろうというのもわからなくて」と収録を回想。自身が演じた敵役、スライスについては「ここまでの悪役はなかったので自分でも新しかったですね」とこれまで演じたことのない悪役であったと話した。


今田の声優ぶりを聞かれた山下は「以外とお姉さまっぽい声。僕は好き」と好評。梶も「今田さんが可憐な雰囲気だから、このビジュアルであんな声出るんだっていう」と称賛すると、今田は照れ笑いを浮かべていた。


その後、アーティストのsumikaが登場し、同作の主題歌『ハイヤーグラウンド』を初披露。今田は「生で聴かせていただいて贅沢です。感動しました。ありがとうございます」と喜んだ。


同作には、TVアニメ版に先駆けてプロヒーローのキャラクター、ホークスが登場するという。声優の中村悠一がホークス役であることが明かされると、会場には大きな歓声があがった。


この記事の画像一覧 (全 37件)