りんごちゃん、失恋の号泣エピソード語る「私のクリスマスは終わってしまった」

映画・舞台 公開日:2019/12/02 4
この記事を
クリップ

大ヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で広く知られるエミリア・クラークと、全米に旋風を巻き起こした現代のシンデレラストーリー『クレイジー・リッチ!』の御曹司・ニックことヘンリー・ゴールディングという、今最も新作が期待される二人の豪華共演作『ラスト・クリスマス』が12月6日(金)に全国公開となる。本作はワム!の名曲『ラスト・クリスマス』にインスパイアされた、ホリデーシーズンのロンドンを舞台にした、『ラブ・アクチュアリー』以来のロマンティック・コメディ。


この度本作の公開を記念して、2日都内で、大注目のりんごちゃんが主人公と同じ可愛いエルフに扮し、ジョージ・マイケルネタを初披露しちゃうかも!? なトークイベントを行った。




クリスマスシーズンの定番ソングとなっているワム!の名曲『ラスト・クリスマス』を歌うため、今年の顔であるりんごちゃんが映画『ラスト・クリスマス』の主人公ケイトと同じ、クリスマスにピッタリな「エルフ」(妖精)の衣装に身を包んで登場。ヒロインをイメージし、この日のためにオーダーメイドで作ってもらったミニドレスがお気に入りの様子のりんごちゃんは「可愛い~、あ、自分で言っちゃった」と自画自賛、会場を笑いに包みイベントがスタートした。


昨年の11月末に、バーの店員さんに一目ぼれをしたというりんごちゃんはその日から足しげく通い続けていたというが、クリスマス目前の22日に「なんかこの恋は違う!この人とは一緒にクリスマスを過ごせない・・・」と思い、急速に冷めてしまったのだという。そして帰りのタクシーの中で、辛島美登里さんの『サイレント・イヴ』を聞きながら、成就することのなかった想いを胸に号泣して帰ったというエピソードを披露。「クリスマスを迎える前に、私のクリスマスは終わってしまったんです。」


切ない曲を聞きがちなりんごちゃんは「落ち込むときはとことん落ち込む派で、切ない曲を聴いたりします。それで思う存分泣き明かすと、そこから一気に元気が出るんです!」といつも元気いっぱいなりんごちゃんからは想像できない 意外にもロマンティストな一面を教えてくれた。


ワム!の『ラスト・クリスマス』に関して、冬になると必ずどこかで流れているから聞かないことは無いというりんごちゃん。「クリスマスチャレンジ」という、12 月中にワム!の『ラスト・クリスマス』をどれだけ聞かずに過ごせるかというチャレンジに対して、「無理でねーですか?そんな年ねーですよ」と思わず出てしまった訛りで切り返し、いち早く観たという映画『ラスト・クリスマス』について、「この冬、絶対観るべきですね」と力強くアピールした。続けて「とにかく心が温まります。やっぱりカップルで観てほしいですし、ただクリスマスを楽しんでいる映画ではなく、命の尊さをテーマにしていたり…とにかくすごいんですよ!」と絶賛。


続いての“デートで映画を観に行くことがありますか?”という質問には「実は一度もねーんですよ!今年はクリスマスにこの映画を一緒に観てくれる方を募集しています♡」と、今年こそ楽しいクリスマスを過ごすために猛アピール。


そしていよいよジョージ・マイケルのモノマネか!?と周囲が大きく期待する中、名曲『ラスト・クリスマス』にあわせて歌い始めたりんごちゃんにジョージが降臨する事は無く、定番の大友康平や武田鉄矢、そしてマツコ・デラックス等のモノマネで熱唱し会場には大きな笑いが起こった。「今日はマツコさんもいらしてくださってびっくりしました!でも本当は可愛くあゆとか歌いたいんです・・・」。


最後にクリスマスを幸せな気持ちで過ごしてほしいというりんごちゃんは「映画『ラスト・クリスマス』で幸せなクリスマスをスターティンしてください!」と持ちネタで締めくくりイベントが終了した。


作品名:ラスト・クリスマス
公開表記:12月6日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
配給:パルコ ユニバーサル映画

© Universal Pictures
©2019 UNIVERSAL STUDIOS


この記事の画像一覧 (全 4件)