劇団EXILEがぶっちゃける!「これだけは言いたい!」マル秘エピソードを明かす

映画・舞台 公開日:2019/12/02 17
この記事を
クリップ

劇団EXILEが総出演する舞台『勇者のために鐘は鳴る』が来年1月から開幕。原案プロデュースを劇団EXILE、脚本を畑雅文、演出を川本成が担当。ゲームの世界に入ってしまった9人の男たちが、勇者になってモンスターを倒しながらゴールを目指す姿が描かれる。実は劇団EXILEのメンバー全員が共演する舞台は今回が初めて。すでに追加公演も決定しているが、その中の4人に直撃インタビュー、青柳翔、鈴木伸之、町田啓太、佐藤寛太に話を聞いた。





――舞台「勇者のために鐘は鳴る」が決まったときの感想は?


青柳「まず9人全員がそろって舞台をやるということが稽古も含めてすごく楽しみですね。また“小澤(雄太)の時間”が休憩タイムにあることも楽しみかな(笑)」

佐藤「そこにワクワクしてどうするんですか?」

町田「まぁ、恒例ですからね(笑)」

鈴木「ぼくら劇団EXILEに、その時間が必要ってことですよ(笑)

青柳「そうだね」

鈴木「劇団EXILEが結成して、9人全員がそろって舞台に立つのは本当に初めてのことですからね。赤坂ACTシアターというステキなところで演じさせていただけるので、パワー全開で、絶対にお客さんを楽しませたいなって思います」

町田「そして、メンバーがどういうふうに無茶なことをやってくれるのかも楽しみです(笑)」


――ちなみに誰が一番、無茶をしそうですか?


町田「(鈴木を指さして)」

鈴木「僕ですか?」

町田「舞台に筋書きはありますけど、そういうものをすべてぶっ飛ばしてくれるのぶに期待しています」

鈴木「いや、台本通りにやりますよ(笑)」

佐藤「本当に?」

町田「前フリでしょ?」

鈴木「はい、前フリかもしれません(笑)」

青柳「9人一緒にやったことがないからね。どうなるかも分かりませんから」

鈴木「僕なんか青柳さんと舞台に出るのは『レッドクリフ-愛-』('11年)以来だから、すごい楽しみなんですよ」

青柳「そうだね」

佐藤「僕はここにいる先輩3人と演じることが初めてで。舞台初日までであとわずかな期間しかありませんが、僕もまだまだ成長している最中ですし。未知な部分もいっぱいありますけど、今は成功をおさめたい気持ちでいっぱいです!」


――佐藤さんは皆さんと共演するのが初めてなんですね!何か佐藤さんに言いたいことやアドバイスなどはありますか?


青柳「すみません、今、のど飴のほうが気になっていて(笑)」

鈴木「僕は朝から佐藤さんに振り回されて、疲れてるんで…」

佐藤「っていうか、何で急に“佐藤さん”なんですか。さっきまで“寛太”って呼んでくれていたでしょ!」

町田「そんな寛太と一緒にやるのが楽しみです(笑)」

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 32件)