元乃木坂46 斉藤優里、舞台『脳内ポイズンベリー』出演決定「演じるのが楽しみ」

映画・舞台 公開日:2019/11/29 9
この記事を
クリップ

水城せとなによる漫画『脳内ポイズンベリー』待望の舞台化に、斉藤優里の出演が決定した。

原作は、2010 年から2015 年まで連載され、集英社クイーンズコミックスからコミックス化されている。




一人の人間の頭の中で擬人化された 5 つの思考が “脳内会議”を繰り広げるというラブコメディで、そのユニークな着想は大きな共感を呼んで読者の心を鷲掴みにし、2015 年には佐藤祐市が監督を務めて映画化され、好評を得た本作が初の舞台化!斉藤優里は持ち前の愛くるしさ、明るさが存分に発揮される<瞬間の感情>を担当するハトコ役での出演となる。

演出は、映画化の際もメガホンをとり、これまでに映画『ストロベリーナイト』や『ういらぶ。』を手掛けた佐藤祐市が、初めて舞台作品の演出を務める。

 

<斉藤優里コメント>

台本を頂いた時にそれぞれの役がとても個性があり魅力的で可愛く、演じるのが楽しみだなと思いました。緊張はしますが、ハトコ役をたくさんの方に見てもらえるように頑張りたいです。自分なりに精一杯頑張らせて頂きますのでたくさんの方に劇場に遊びにきてもらいたいです。よろしくお願いします。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ