森田剛、膨大なセリフ量はまるで「受験勉強」世界が注目『FORTUNE』東京で初上演

映画・舞台 公開日:2019/11/28 6
この記事を
クリップ

本日都内で、2020年1月13日(土・祝)より開演となるPARCO PRODUCE 2020『FORTUNE フォーチューン』の製作発表会見が行われた。キャストの森田剛、吉岡里帆、田畑智子、根岸季衣、鶴見辰吾、劇作家のサイモン・スティーヴンス、演出のショーン・ホームズ、美術・衣裳のポール・ウィルスが登壇。




本作は、英国を代表する劇作家・サイモン・スティーヴンスの新作で、東京で、世界初上演となる。悪魔に魂を売った男の顛末を描いた、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの代表作『ファウスト』を現代のロンドンを舞台に書き下ろしている。


実力確かな海外クリエイター陣で創り上げられ、ワールドプレミアが東京ということで、世界の演劇界が注目している本作。若くして成功した映画監督であり、欲するもの全てを手にいれるために悪魔に魂を売ってしまうフォーチュンを演じる森田は「何年か前に、サイモンの戯曲を演じさせてもらって、ものすごく苦労した。(本作の)話がきたときは、またそこに飛び込むのはすごく勇気のいることだった」と役を受けるに当たり戦々恐々だった様子。しかし、「サイモンの舞台は、僕にとってチャレンジであり、刺激がある」と特別な思い入れを明かし「日本初上演なので、日本が一番よかったと思ってもらえるようにしっかりやりたい」と意欲を見せていた。


フォーチュンに新作企画を持ち込む、若き映画プロデューサー・マギーを演じる吉岡は、この仕事をやりたいと思ったきっかけが、10代のときに小劇場で観た学生演劇だったと明かし、「そのときから、舞台の虜で、戯曲の虜で、舞台は特に憧れの強いジャンル」と熱い想いを吐露。自身のキャリアが映像の現場が続く中で「ずっと舞台がやりたい」という念願叶った本作だった。「まだ稽古2日目なんですけど、モノを一つ一つ積み上げていく楽しさを噛み締めている」と充実感を語り、「足を引っ張らないように」と意気込みを明かした。また、「(役柄同様)自分自身がぶれないように、みなさんと一緒に戦って、素晴らしい作品を届けられる努力をし、心を真っ直ぐにして演じていければ」と上演に向けて前を見据えていた。


サイモンの戯曲が、今回2作目となる森田は「ビックリしたのは、セリフの量」と苦笑い。他キャストが「(森田が)ずっとしゃべっている」と補足すると、「前回もそうだったんですけど、忘れちゃうんですよね。“サイモンきたー”っていう感じ」と相当な苦労の様子。膨大なセリフ量は「受験勉強みたいな感じ。机に向かって(覚えている)」と明かした。それでも、「日本初ということで、みなさんが感じたことない、観たことのない舞台が観られると思います」と自信をのぞかせていた。


PARCO PRODUCE 2020『FORTUNE フォーチューン』

【東京公演】

日時:2020年1月13日(月・祝)~2月2日(日)

場所:東京芸術劇場

※東京公演後、松本、大阪、北九州も順次

この記事の画像一覧 (全 10件)