小関裕太、学生時代は「常に片思い」独特の恋愛観明かす

映画・舞台 公開日:2019/12/02 7
この記事を
クリップ

映画『“隠れビッチ”やってました。』は新進女優の佐久間由衣初主演作。彼女が演じるのは男性のタイプに合わせたモテテクを駆使し、次々と男性をゲットしていく“隠れビッチ”こと荒井ひろみ。清楚系女子として男たちを落としまくる彼女だが、シェアメイトと暮らす家に帰ると、一転してだらしがない姿を見せつける。“愛されたい”という気持ちを持て余す彼女が、やがて本当の愛を見つけていく異色なラブストーリーだ。そんなひろみが最初に恋をしてしまったのが、美容師志望の自然体系男子、安藤剛。今回、この安藤を演じる小関裕太に直撃。今年、2本の映画に出演し、スター男子の階段を駆け上がる彼の本音とは?



――今回、演じる安藤剛って、どんなキャラクターですか?

「彼はものすごくだらけた生活をしていて。服にこだわることもなく、生活ができて楽しくやれればいいやっていう人。でも、周りの人が夢をかなえていって、ちょっと焦り始めて。そのとき、自分は何をしたいんだろう?髪が好きだし、美容師がいいかな?ぐらいの軽い気持ちで美容業界に入った男性だと思っています」


――実際に演じてみて?

「僕にとっては初となる美容師の役。役柄で、たばこを吸うのも初めてでしたし、初めてのことばかりで。バイクの免許も、いつか芝居に役立つだろうと思って取っていたので、ほとんどバイクに乗ったことはありませんし(笑)。初挑戦ばかりで、やりがいのある役でしたね」


――そんな安藤と付き合うことになるのが、主人公の荒井ひろみでした。

「物語中、ひろみが初めて付き合った男性というのが安藤くんなんです。今回、映画の中ではノーマル系男子や草食系男子、肉食系男子とジャンル分けされているんですけど、僕はこのジャンルに当てはまらない存在が安藤くんでないといけないなって思っていて。つかみどころがなく、探れば探るほど分からなくなるというか。ひろみが最初にドキッとして恋に変わっていく姿が重要なので、その相手となる安藤くんもとても大切な役柄だと思っていました」




――でも、ひろみは隠れビッチ。こういう女性の裏の姿を見た感想は?

「もう女性不信になってしまいますよ(笑)。しかも一見、清楚系に見えるし。あんな女性がいたら男は絶対にだまされちゃうでしょうね(笑)。現実にいたら絶対、イヤ!隠れビッチ反対!」


――では、小関さんもだまされそう?

「たぶんですけど、実は僕、見破る自信があるんです。母親に小学生のころから、女性に対するいろいろなことを教えてもらっていましたし。こういうときは、こうした方が相手は喜ぶよとか。妹からも女の子同士の友だちは、こういうことで悩んでいるとか教えてもらっていて。よく“お兄ちゃん、こういうときはどうすればいいの?”って言われ続けてきたんです(笑)。そのせいか、なんとなく女性の見なくてもいい部分が見えてしまうこともあって。もちろん、完璧ではないんですけど、隠れビッチかどうか分かるつもりです」


――ひろみ役の佐久間さんとの共演はいかがでしたか?

「彼女とは波長が合うのか、とても楽しく演じさせていただきました。何よりこの物語の中で安藤くんとひろみはハッピーなシーンがほとんどだったので、全部が楽しいって印象です」


――撮影中のエピソードがあったら教えていただけますか?

「バイクの免許を取ってから2~3年たつんですが、まだバイクに乗るのが3回目。だから女優さんを後ろに乗せて運転する責任感をひしひしと感じていましたね(笑)」


――ひろみは安藤との最初の出会いで、すぐに気になり始めます。小関さん自身は、じっくりと相手のことを知ってから女性を好きになるタイプですか?それともひと目ぼれタイプ?

「僕の場合、ほとんどがひと目ぼれですね(笑)。そして好きになると突っ走っちゃうタイプ。といっても、ひと目ぼれ=好きではなく、気になる存在になるという程度。そこからもっと知りたい、もっと一緒にいたい、ホントに好きかどうか確認したい、ってなるんです。ファーストインプレッションで心を奪われる瞬間はあっても、それが好きという場合と、人間としての魅力に惹かれた場合があって。あくまで好きになるきっかけが、ひと目ぼれということなんですよね」

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 35件)