山田裕貴、“陶芸王子”としてお宝番組の収録に臨む姿が解禁

映画・舞台 公開日:2019/11/28 6
この記事を
クリップ

中井貴一×佐々木蔵之介W主演、日本中のお宝ファン、コメディファンを笑いと感動の渦に巻き込み大ヒットした前作が全方位にパワーアップした『嘘八百 京町ロワイヤル』が、来年1月31日(金)より全国公開となる。

監督は前作に続き『百円の恋』や『全裸監督』の総監督としても記憶に新しい武正晴。脚本は今井雅子と足立紳が再び務め、中井貴一×佐々木蔵之介に、広末涼子をマドンナとして迎え、恋の火花を散らしながら騙し騙されコンゲーム開戦。美女と痛快コンビがこれまで以上に盛り上げる。

そんな本作よりこの度、本作の場面写真が解禁した。前作よりお馴染みの古物商の則夫(中井貴一)と陶芸家の佐輔(佐々木蔵之介)が、真剣な表情でいくつも並んだ5,000万円は下らないと言われる古田織部の幻の茶器「はたかけ」を見つめる姿からは、今作でも佐輔の “写し”と則夫の“話術”でやってくれるのではないかと期待させてくれる。また父の形見を騙し取られたとする着物姿の志野(広末涼子)が、茶室で則夫と対峙するスチールからは、お互いにの思惑を探り合うかのよう。2人の関係性が気になる。




佐輔の息子・誠治(前野朋哉)と共に「はたかけ」を見つめる着物姿の姉御肌女房・康子(友近)ら佐輔一家の写真も解禁。また今回、人気占い師として活躍する則夫の娘・いまり(森川葵)や、居酒屋「土竜」に集う西田(木下ほうか)、よっちゃん(坂田利夫)、材木屋(宇野祥平)らお馴染みの面々に加え、今作から登場する有名古美術店「嵐山堂」主人の嵐山直矢(加藤雅也)、大御所鑑定家の奥野万蔵(竜雷太)、「陶芸王子」としてお茶の間で人気の若手陶芸家・牧野慶太(山田裕貴)が則夫と共にTVのお宝番組の収録に臨む様子も解禁。慣れた様子でテレビ収録に臨む三人と、カメラを前にあがっている則夫の表情も見どころだ。

華やかな日本伝統文化を舞台に、日本を代表する名優中井貴一と佐々木蔵之介を始めとする豪華キャスト陣が揃い、スケールも、面白さも、開運招福度も、ますますパワーアップした開運お宝コメディに乞うご期待。


■映画『嘘八百 京町ロワイヤル』
2020年1月31日(金) TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー
出演:中井貴一 佐々木蔵之介 広末涼子 友近 森川葵 山田裕貴 坂田利夫 前野朋哉 木下ほうか 塚地武雅/竜雷太/加藤雅也

(C)2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会


【関連商品】

   

   

この記事の画像一覧 (全 7件)