全米大ヒット中『パラサイト 』斎藤工、浦沢直樹らポン監督と対談

映画・舞台 公開日:2019/11/21 8
この記事を
クリップ

今年のカンヌ国際映画祭で、審査員満場一致で【最高賞】パルムドールに輝いたポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』(2020 年1月全国公開)。全員失業中の貧しい一家とIT企業を経営する裕福な社長一家という相反する2つの家族の出会いから想像を遥かに超える展開へと加速していく物語は、既に韓国動員1,000万人突破、フランス動員160 万人突破、全米でもすでに今年の外国映画興行収入第一位になるなど、各国で動員記録を塗り替える爆発的な盛り上がりをみせている。オスカー前哨戦といわれるトロントやニューヨークなど各国の映画祭で絶賛&受賞を重ね、第92回アカデミー賞🄬での受賞も有力視されている。


引っ張りだこのポン監督がオスカーキャンペーンの合間をぬってアメリカから緊急来日。 日本のトップクリエイターや俳優らと対談が実現した。11月6日〜8日に来日したポン・ジュノ監督。7日に行われた日本最速試写にサプライズ登壇し映画ファンを狂喜乱舞させたが、滞在中は多くのマスコミ取材を受けながら、日本のトップクリエイターや俳優らと対談していた。


ポン監督がファンを公言

浦沢直樹(漫画家)、細田守(アニメーション監督)との対談が実現

日本カルチャーに造詣の深いポン監督。かねてからファンであることを公言している日本のトップクリエイターたちとの対談が実現。一人は、世界中で展覧会が開かれ日本を代表する漫画家である浦沢直樹。もう一人は、近作『未来のミライ』がアカデミー賞にノミネートされたアニメーション映画監督の細田守。ジャンルを横断して、世界で活躍する芸術家同士の夢の対談が実現した。


斎藤工、仲野太賀、EXILE 橘ケンチ、満島真之介ら、いまをときめく俳優たちと交流

日本映画界にもファンが多いポン・ジュノ監督。「ぜひ監督に会いたい!」と忙しいスケジュールを調整して、斎藤工、仲野太賀、EXILE 橘ケンチ、満島真之介ら日本映画界を牽引する俳優たちが監督と対面。俳優ならではの視点で、映画『パラサイト 半地下の家族』や監督の過去作についてインタビューした。




ジャーナリストも注目!評論家・荻上チキによるインタビューも

コメディ、サスペンス、アクション…あらゆるジャンルの要素を包括した圧倒的なエンタメ作でありながら、貧富格差といった今日性を持つ本作。ジャーナリストからも「今見るべき映画」として注目を浴びている。若手評論家として活躍する荻上チキがポン・ジュノ監督に取材した。

この記事の画像一覧 (全 6件)