前島亜美・久保田秀敏ら、avex所属俳優14名出演の舞台上演決定

映画・舞台 公開日:2019/11/21 5
この記事を
クリップ

エイベックス・マネジメントに所属する俳優14人が出演する舞台『バレンタイン・ブルー』が、2020年2月18日(火)~25日(火)に銀座・博品館劇場で上演することが決定した。『バレンタイン・ブルー』は、若者達の夢と挫折、友情、恋、そして家族の愛が、歌と共に綴られていくファンタスティック・コメディ。

出演は、舞台や映像で活躍を続ける15人の男女。前島亜美、久保田秀敏、武子直輝、日比美思、飛鳥凛、出口亜梨沙、中﨑絵梨奈、行徳智仁、會田海心、近藤廉、高橋果鈴、福田愛依、高石あかり、そして、しゅはまはるみ。唯一の外部ゲストとして西ノ園達大も参加。作・演出は、プラチナ・ペーパーズの堤泰之が手掛ける。




物語は、とある通りにあるカフェ&バー「バレンタイン・ブルー」で繰り広げられる。カフェに訪れる様々な客が織りなす人間模様を優しく描く。

作・演出の堤泰之は、今回の作品に向け「街を歩いていると、ついつい気になって迷い込んでしまう裏通りがあります。別にオシャレな店が並んでいるわけじゃないのに、惹かれてしまうのは何故なんでしょう。たぶんそこには「人の足跡」のようなものが残っているからなのだと思います。泣いたり笑ったり、愛し合ったり傷つけ合ったり・・一生懸命生きてきた足跡を見つけられるような気がするのです。そんな名前のない裏通りを、私はXアベニューと呼んでいます」と語っている。

ファンタスティック・コメディ『バレンタイン・ブルー』の公演チケットは、 12月14日(土)12時より販売開始予定。

注:高橋果鈴、高石あかりの「高」ははしご高が正式表記。


【関連商品】

   

   

この記事の画像一覧 (全 16件)