ほぼ登場人物が裸!?累計440万部突破の大ヒットコミック『ぐらんぶる』が実写化

映画・舞台 公開日:2019/11/20 3
この記事を
クリップ

講談社『good!アフタヌーン』にて2014年4月から連載中の原作:井上堅二、漫画:吉岡公威(きみたけ)のコンビによる漫画『ぐらんぶる』はボケ・ギャグ・つっこみ満載!命がけのキャンパスライフを描く限界突破の青春コメディ。

物語は主人公の北原伊織が大学進学を機に海辺の町に引っ越してくるところから始まる。叔父が営むダイビングショップ「GRAND BLUE(グランブルー)」に下宿することになった伊織。きれいな海、かわいい幼馴染、、、あこがれのキャンパスライフを前に期待に胸いっぱい膨らませていた伊織を待っていたのは、男だらけのダイビングサークルだった?!

登場シーンの半分が服を着ていないとも噂の原作は、11月22日発売の最新14巻で累計発行部数440万部を突破。2017年に映画化もされ大ヒットした「亜人」とならぶ同誌の看板コミックとなっている。





原作の井上氏は「「実写化してイケメンの股間を見るんだ!」『ぐらんぶる』の構想段階から抱いていた、僕の純粋無垢で――青年誌で連載する作家の誰もが抱く大きな夢。それがついに叶う時が訪れようとしています。」と計画通りに実写化が実現した(?)喜びを語りつつ、原作があまりにテンションも服もハジけていることから「協力してくれた関係者の皆様に感謝を、そして出演する被害者の皆様に心からの謝意を送ります。」とまさかの謝罪表明も。また漫画の吉岡氏は「美しい海で繰り広げられる爽やかな若者たちの青春。」と本当かウソか本作を説明。

11/22に発売が決定している最新巻の帯でも「おいおい正気かワーナー・ブラザース!」とツッコミを受けているが、「そしていよいよ実写化され、スクリーンで見られるんですね本当にドキドキしてます。色々な意味で。本当に、色々な意味で!」と含みがある期待を寄せ、井上氏ともども茶目っ気たっぷりに実写化の喜びを語った

本作のメガホンを取るのは英勉監督。デビュー作『ハンサム★スーツ』で鮮烈なコメディデビューをしたのち、『高校デビュー』『貞子3D』など幅広いエンタメ作品を手掛け、2015年の『ヒロイン失格』は興行収入24憶円越えを記録、その年の実写邦画ランキングTOP5に入り、昨今の若者向け映画ブームの火付け役となり、青春コメディ映画の新たな時代を切り開いてきた。

そんな英監督は撮影が終わった今、「「男子ってバカねっ」って映画を作ろうと思ったんですが、「男子ってバカ!ほんとバカ!クズ!」って映画になっちゃいました。」「ぼくがホントの「全〇監督」かもです。」と、あの話題作にちなみ原作に負けず劣らず振り切っていることを明かす。映画化を予想する一部のファンからはすでに「ぐらんぶる映画化説あるの草」「だって脱がないでしょ?」という声もある中で、そのハジけ具合に自信を見せた。「『ダイビングに賭ける青春と恋と友情。さあ、最高の海の世界へ』という宣伝が展開されると思いますが、違いますから。詐欺ですから。」といつの世も作品をよく見せようとする宣伝に騙されないようにまさかの注意喚起も?!

また今回の映画化にあたりエグゼクティブプロデューサーの関口大輔氏は、「昨今似たようなテーマの邦画が多いのは、「お客さんが好きなタイプの映画」に傾向があり、そのベストな期待に制作が行われているからでしょう」と前置きした上で、「圧倒的な異物感、圧倒的なバカバカしさ、そして圧倒的に熱苦しい男たち...。私はこの圧倒的な既視感のなさに心底惚れ込み、リサーチ全盛の時代の今だからこそ、数字では測り切れないこの作品を映画化したいと思いました」と、唯一無二の存在感を放つ本作だからこそ映画化に踏み切ったことを告白。

また、「「監督は有名な方で」「俳優は人気の方でお願いします」という事を映画化する際によく言われますが、原作の関係者から「本当に大丈夫ですか?」と心配される映画は『ぐらんぶる』くらいです」と笑い交じりに語った。メガホンを取った英監督については、「監督は、英さん以外思いつきませんでした。何の制限もない振り切った演出を任せられる日本人監督は英さんしかいないでしょう」とその手腕に全幅の信頼を寄せる。また今後発表となるキャストについても、「キャスト陣の発表はこれからとなりますが、ほぼ素っ裸で作品に挑んでいますのでこちらも引き続き楽しみにしていてください」とその振り切った演技に自信のコメントを寄せた。

今回の解禁では実写化、監督の名前のみが明かされており、キャスト陣をはじめストーリーやスタッフなどもベールに包まれている。ヒントはダイビングショップ「グランブル-」の前に、パンツ姿とオタTを巻いてたたずむ2人の青年の写真のみ。無駄に青々と美しい景色、無駄にオシャレな外観のショップ、そして無駄にいいカラダが印象的な1枚。原作通りなら裸必至の本作だが、このハジけた役をいったい誰がスクリーンで演じられるのか?また同日に公開された公式HPはキレイな海の画が印象的だが、じつはとある仕掛けも・・・?映画『ぐらんぶる』はどこまでいくのか?。


コメント全文 ※敬称略
【原作:井上堅二(いのうえ けんじ)】
「実写化してイケメンの股間を見るんだ!」『ぐらんぶる』の構想段階から抱いていた、僕の純粋無垢で――青年誌で連載する作家の誰もが抱く大きな夢。それがついに叶う時が訪れようとしています。協力してくれた関係者の皆様に感謝を、そして出演する被害者の皆様に心からの謝意を送ります。本当に……色々とすみません!

【漫画:吉岡公威(よしおか きみたけ)】
カナヅチの私が、井上先生の夢に乗っかってここまでダイビング漫画『ぐらんぶる』を一緒に描き続けることができました。美しい海で繰り広げられる爽やかな若者たちの青春。そしていよいよ実写化され、スクリーンで見られるんですね。本当にドキドキしてます。色々な意味で。本当に、色々な意味で!

【監督:英勉(はなぶさ つとむ)】
「男子ってバカねっ」って映画を作ろうと思ったんですが、「男子ってバカ!ほんとバカ!クズ!」って映画になっちゃいました。『ダイビングに賭ける青春と恋と友情。さあ、最高の海の世界へ』という宣伝が展開されると思いますが、違いますから。詐欺ですから。ぼくがホントの「全〇監督」かもです。

【エグゼクティブプロデューサー:関口大輔(せきぐちだいすけ)】

昨今似たようなテーマの邦画が多いのは、「お客さんが好きなタイプの映画」に傾向があり、そのベストな期待に制作が行われているからでしょう。最近の優れたリサーチにより、お客さんが見たい映画はどんなものなのかを判別する精度が高くなっているそうです。そんな時代に作られるこの映画『ぐらんぶる』ですが、そういったリサーチでは判別不能になってしまうと思います。圧倒的な異物感、圧倒的なバカバカしさ、そして圧倒的に熱苦しい男たち・・・。私はこの圧倒的な既視感のなさに心底惚れ込み、リサーチ全盛の時代の今だからこそ、数字では測り切れないこの作品を映画化したいと思いました。「監督は有名な方で」「俳優は人気の方でお願いします」という事を映画化する際によく言われますが、原作の関係者から「本当に大丈夫ですか?」と心配される映画は『ぐらんぶる』くらいです。あとはこの素晴らしい原作を、妥協せず、実写作品にするベストな監督とキャストと制作する事。監督は、英さん以外思いつきませんでした。何の制限もない振り切った演出を任せられる日本人監督は英さんしかいないでしょう。またキャスト陣の発表はこれからとなりますが、ほぼ素っ裸で作品に挑んでいますのでこちらも引き続き楽しみにしていてください。


■映画『ぐらんぶる』
2020年 初夏 全国公開
原作:井上堅二・吉岡公威『ぐらんぶる』(講談社アフタヌーンKC刊)
監督:英勉
制作プロダクション:THEFOOL
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会



   


   


   

この記事の画像一覧 (全 2件)