EXILE/三代目JSB小林直己、アメリカで勝負した理由「僕だけ貢献できていなかった」

映画・舞台 公開日:2019/11/14 18
この記事を
クリップ

EXILE、三代目 J SOUL BROTHERSのパフォーマーとして活躍する小林直己が、オープンオーディションを経て役をつかんだハリウッドデビュー作、Netflixオリジナル映画『アースクエイクバード』。本作で小林は、オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル演じるルーシーと運命的な出会いを果たすカメラマン・禎司を演じている。いまから3年ほど前、アメリカに渡り俳優としての道を模索した小林――そこには想像を絶する覚悟があったという。


■どうしてもつかみたかった役柄


本作のオーディションは、2017年年末。アメリカに渡ってから、語学やアクティングのトレーニング、さらにはマネジメント会社やエージェントの発掘などをしながら、数々のオーディションを受けてきた小林だが、脚本を読んだときから「どうしてもこの役を演じたい 」と強い思いが沸いてきたという。最初は台本のワンシーンを撮ったビデオオーディション。そこから何度かセレクションを重ね、大役をつかんだ。


小林自身「役者としても大きなキャリアになる」という思いと同時に、ごく個人的な理由から禎司という役にこだわった。それは自身との共通点が多かったから。「禎司は周囲から見るとミステリアスで、あまりオープンマインドなタイプではない。でも彼は、彼自身の価値観や大切なものがあって、自分のなかの真実を追い求めている。そういった思いをあまり外に出さないという部分は、非常に共感できるんです」。


小林も多感なころ、自分のなかに伝えたい思いや叫びがあった。しかし、なかなか言葉にすることは難しく、言葉にすると失われてしまうという思いも感じていた。そんな思いを、禎司は写真として映し出し、小林はダンスで表現した。ここまで自分とシンクロする役は「運命的だと感じました」と本作に没頭していく。「どうしてもやりたい」という小林の思いは、製作総指揮を務める巨匠リドリー・スコットや、本作のメガホンをとったウォッシュ・ウエストモアランド監督に伝わった。


念願のハリウッド作品。前述したリドリー・スコットやウォッシュ監督をはじめ、主演はオスカー女優アリシア、さらに撮影は『オールド・ボーイ』などを活写したチョン・ジョンフン、美術に種田陽平など、世界的に有名なスタッフが集まった。小林は「3~4年前から準備はしていたとはいえ、クルーはアメリカなので言語は英語。苦労する部分はありました」と語っていたが「舞台は1989年の日本。僕は1984年生まれなので、なんとなく時代の雰囲気は覚えており、ウォッシュ監督も同時期に日本への留学経験があったそうで、よくある日本をただ記号化したもの では決してないし、僕自身も日本人の持つ精神性や文化を考えながら、いろいろな場面で提案をすることができたのは大きな喜びでした」と充実した撮影の日々だったという。




■「個人の仕事がなかった」危機感ではなく“危機”だった


日本ではドームツアーを行い、100万人を集めるモンスターグループに所属。ある意味で日本のエンターテインメントの頂点にいるような存在の彼が、一から語学を始め、ゼロからオーディションに挑む日々には驚きを覚えるが、小林はこうしたチャレンジに対して意外な理由を明かす。


「夢を追いたいとか、そんなきれいな理由じゃないんです。こうしなければEXILEにいられなかったんです。言い方を変えれば食っていくためなんです。ほかのメンバーたちは個人でもしっかりドラマに出たりテレビに出たり活動をしていたけれど、正直、僕は個人の仕事がなかった。人気があるように感じられるけれど、それはグループが人気で、僕自身は何者でもない。まったくEXILEに貢献していないと思ったし、これではダメだと感じていたんです」。


本人曰く、危機感ではなく“危機”だったというのだ。「生半可なことではだめ。語学だってしゃべれるようにならないとマチガイって気持ちでした。メンバーの存在はポジティブなものですが、自分への怒りのようなネガティブな感情は大きなモチベーションでした」。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 40件)