玉城ティナ主演『地獄少女』実写とアニメの“驚異のシンクロ”具合に鳥肌

映画・舞台 公開日:2019/11/13 5
この記事を
クリップ

伝説的人気テレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミック(「なかよし」で連載)をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、そして、遊技機など幅広く展開され、確固たる人気を博してきた『地獄少女』が満を持して実写映画化され、話題騒然。11月15日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショーでいよいよ公開される。

今回、史上初となるアニメと実写、二人の閻魔あいのコラボ動画が解禁された。アニメ版閻魔あいの凛とした眼のアップで始まる映像は、「闇に惑いし哀れな影よ…」と、地獄に送る際の口上を実写とアニメの閻魔あいが代わる代わる現れ、交互に言い合う形で進行する。畏怖するほどの美しいふたりの閻魔あいの瞳は、観るもの全ての視線を釘付けにし、呼吸をすることさえ忘れさせる。映像の最後、言い渡される決め台詞「いっぺん死んでみる?」では、アニメと実写との驚異のシンクロ具合に、鳥肌が止まらない。





なお、閻魔あいについてアニメ版を演じた声優・能登麻美子は「無慈悲でありながら慈悲があり、美しく、どこか人を引き込む力を持つキャラクター」とし、演じるにあたり、「人ならざる存在なので、生っぽくならない様、ある種の冷たさ、無機質さを意識しました」と語った。一方、実写版を演じた玉城ティナは「目線と声の使い方に、一番気を使いました。ここまで目線のひとつひとつに意味を持つ役はこれまでにもなかったです。閻魔あいでいる間は、まばたきをやめ、会話のシーンでも、相手と目線を合わせずどこか違う次元にいるような感じをだせるよう心がけました。声の作り方は能登さん演じるアニメの閻魔あいを参考にしました」とこだわりを伺わせた。

公開に先駆け、いち早く実写映画『地獄少女』の玉城版:閻魔あいを観た能登は、「美しさ、存在感に圧倒され、ただただ見惚れていました」と絶賛。是非、史上初となるダブル閻魔あいのコラボ映像をご覧いただき、新たな“地獄少女”を確かめに、劇場に足を運んでいただきたい。


■映画『地獄少女』
11月15日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー
配給:ギャガ
出演者:玉城ティナ、橋本マナミ 楽駆 麿赤兒、森七菜 仁村紗和 大場美奈(SKE48)、森優作 片岡礼子 成田瑛基 / 藤田富 波岡一喜

(C)地獄少女プロジェクト/2019映画『地獄少女』製作委員会


【関連商品】

   

   



この記事の画像一覧 (全 2件)