新田真剣佑×北村匠海 W主演映画、リード曲のプロデューサーにandrop

映画・舞台 公開日:2019/11/08 3
この記事を
クリップ

ちはやふる』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『十二人の死にたい子どもたち』『カイジ ファイナルゲーム』などその確かな演技力で話題作への出演が絶えない俳優・新田真剣佑と、同じく『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、ダンスロックバンド「DISH//」のVo./Gtとして幅広い活躍を魅せる北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』が2020年1月24日(金)に公開となる。


この度、新田演じるアキと北村演じる颯太がWボーカルを務める本作のリード曲『瞬間(sayonara ver.)』が解禁となった。



新田が演じるのは、一年前に死んだ、バンドボーカルのアキ。北村が演じるのは、人と関わる事が苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太。そんな出会う筈のない2人を結び付けたのは、颯太がたまたま拾ったアキが遺したカセットテープ。このカセットテープが再生されるたった 30 分だけ、アキは颯太の体を借りて入れ替わることができる。アキは颯太の体を借りて、もう一度仲間と音楽をやるために、そしてバンドメンバーで恋人・カナの笑顔を取り戻すために奔走!しかし、次第に 2 人が入れ替われる時間は短くなっていき・・・。

本日公開されたリード曲の冒頭、本作の瑞々しい瞬間を切り取った場面写真が流れる上に重なる「ECHOLL」のロゴ。「ECHOLL」とは劇中でアキがボーカルを務めるバンド。アキの死後に解散状態だったが、アキの遺したカセットテープを拾った颯太がアキと体を共有したことで、「ECHOLL」のバンドメンバーと颯太は親睦を深めていく。特別映像では、イントロが終わると、本作のエモーショナルなシーンが次々と映し出される。登場人物のドラマ性に溢れる様々な表情やキーアイテムのカセットテープなど、現在公開されている特報では使用されていない初公開映像がふんだんに盛り込まれている。アキの繊細かつ伸びやかな歌声、颯太の力強くまっすぐな歌声。それぞれタイプの異なる歌声が、ひとつの体を2人で共有するという劇中設定さながら見事に融合した。

また本作の音楽プロデューサーを、ジャンルレスかつ緻密なサウンドアプローチと、その傑出した音楽性でシーンに頭角を現しているandropのボーカル&ギターの内澤崇仁が担当することも明らかに。内澤はこれまでに、Aimerの『カタオモイ』や映画『君と100回目の恋』の劇中バンドThe STROBOSCORPの『アイオクリ』、上白石萌音『ハッピーエンド』等、様々なアーティストへ楽曲提供し、高い評価を得ている。映画でも『君と100回目の恋』や『九月の恋と出会うまで』などに楽曲を提供している。

しかし、解禁となった『瞬間(sayonara ver.)』を含め、本作を彩るオリジナル楽曲の数々を提供したアーティストはまだ未解禁。続報に期待したい。


■映画『サヨナラまでの30分
2020年1月24日(金)全国ロードショー
出演:新田真剣佑北村匠海久保田紗友葉山奨之上杉柊平清原翔

(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会




【関連商品】