主演・中川晃教『チェーザレ』追加キャストに人気の実力派4名

映画・舞台 公開日:2019/11/06 2
この記事を
クリップ

主演に中川晃教を配し、2020年4月に上演される、明治座として初めての本格ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』。先週発表された気鋭の若手キャストたちに加え、同役を演じるもうひとチームのキャストが決定した。




今回発表されたのは、舞台のみならず映画やテレビドラマなどでも既に活躍している若手俳優陣。それぞれ主演を張れるだけの人気や実力を持ち、若手と呼ぶのも憚られる実績をあげているキャストたちが揃った。

まずは、チェーザレ属するスペイン団とライバル関係の学生団・フィオレンティーナ団に属し、コミックでは当初彼の目線で物語が進行していくほどのキーマンでもあるアンジェロ・ダ・カノッサ役に、ミュージカル『薄桜鬼』で主演を演じ、映画やドラマ、舞台で活躍中の松田凌

大富豪ロレンツォの次男でフィオレンティーナ団の団長、ジョヴァンニ・デ・メディチ役には、舞台を中心に2.5次元ミュージカルからグランドミュージカル、本格的なストレートプレイまで数々の作品で幅広い役柄をこなす平野良

ジョヴァンニに次ぐフィオレンティーナ団のNO.2で、ジョヴァンニの取り巻きでもあるドラギニャッツォ役には、ドラマ「戦国BASARA」への出演や、舞台『ソラオの世界』、『Messiah メサイア -鋼ノ章-』では主演を務めた井澤勇貴

フィオレンティーナ団員で、アンジェロと同じく平民出身ながら、飄々と大胆な発言をするアンジェロをハラハラしつつも少し羨ましく感じている博識のロベルト役に、「侍戦隊シンケンジャー」で人気を広げ、様々な映像作品のほかに舞台でも活躍し、今年5月には平野良と共にミュージカル『憂国のモリアーティ』で主演を務めた鈴木勝吾が演じる。

人気、実力ともに兼ね備えたキャストが次々決定した、明治座初の本格ミュージカル。続報をお楽しみに。


■ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』
2020年4月13日(月)~5月11日(月)
開演時間:12:00/17:00/18:30(日によって異なります)
料金:S席13,000円(1階席・2階席正面)/A席8,000円(2階席左右)/B席6,000円(3階席)
会場:明治座(東京都中央区日本橋浜町2-31-1)
原作:惣領冬実『チェーザレ 破壊の創造者』(講談社「モーニング」連載)
出演:中川晃教
スクアドラ ロッサ:松田凌 平野良 井澤勇貴 鈴木勝吾(Wキャスト)
スクアドラ ヴェルデ:山崎大輝 風間由次郎 近藤頌利 木戸邑弥(Wキャスト)
藤岡正明今拓哉 丘山晴己 横山だいすけ岡幸二郎
別所哲也 ほか
(C)惣領冬実/講談社