井ノ原快彦、センター苦手ですみっこ好き!?「気がつけばエレベーターも」

映画・舞台 公開日:2019/11/05 2
この記事を
クリップ

V6の井ノ原快彦と女優の本上まなみが5日、都内で行われた『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』(11月8日全国公開)の完成披露試写会にまんきゅう監督と参加した。




2012年に誕生した大人気キャラクター「すみっコぐらし」初の劇場版アニメ。ナレーション担当の井ノ原は“すみっこ”にいることが好きといい「気がつけばエレベーターもすみっこ。すみっこを取りがち」と明かし「V6はみんなすみっこが好き。センターが嫌いなのかな?メンバーみんなで“どうぞ、どうぞ”でやってきた。楽屋に入っても、早い者勝ちですみっこが埋まっていく」と告白。国民的アイドルグループの知られざる姿に本上は「本来ならばセンターの人ですよね!?すみっこ好きというのは意外」と驚いていた。


本作について井ノ原は「色々なシーンがあるけれど、赤ずきんちゃんと人魚姫のところが最高に良かった。すみっコ以外の子たちもいい子が多くて、癒される」と絶賛し「40代の男が一人で見ても普通に号泣できる。男の人にも見てもらって、ふにゃふにゃに癒されて明日から頑張ってほしい」とアピール。


また、まんきゅう監督から「すみっコそれぞれが個性的で可愛いけれど、全員が集まると大きな力になる。これってアイドルグループのよう」と指摘されると、井ノ原は「一人一人がそれぞれの場所でやっているけれど、集まったときに『全員集合!』みたいになる感じ。我々もそうありたい」とシミジミしていた。


この記事の画像一覧 (全 4件)