ハリウッドデビュー小林直己は「目で語れる役者」オスカー女優が絶賛

映画・舞台 公開日:2019/10/29 5
この記事を
クリップ

第32回東京国際映画祭の特別招待作品であるNetflixオリジナル映画『アースクエイクバード』の記者会見が29日、都内で開催され、主演のアリシア・ヴィキャンデル、小林直己(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、ウォッシュ・ウェストモアランド監督が出席した。




日本在住経験のあるイギリス人作家スザンヌ・ジョーンズによる同名ミステリー小説を映画化した本作。東京を舞台に、日本人写真家と恋に落ちた外国人女性が、やがて三角関係に心を乱され、行方不明だった友人殺しの容疑までかけられてしまう姿を描く。主人公のリリーをアリシア、ミステリアスな日本人カメラマンの禎司を小林が演じる。アリシアは「コンニチワ」と切り出し、「日本に戻って来られてうれしいです」と日本語で挨拶。小林は「Hi,everyone!」とお茶目に英語で挨拶し、会場の笑いを誘った。

本作でハリウッドデビューを果たした小林は、英語での演技にもチャレンジ。「自分が生まれ育った国、日本を題材にしたすばらしい作品。日本に対して尊重する気持ちを持ってくれているクルーのみなさんと仕事ができたことをとてもうれしく思っています」と完成作に胸を張り、「自分にとって初めて英語を中心にした作品が、本作でとても光栄」と喜びを口にしていた。

一方、日本語の演技に挑んだのがアリシア。「ここ数年、世界がどんどん小さくなっている。いろいろな文化が混ざり合う、新しい芸術が生まれる環境がある」と切り出し、「役作りをしながら、完全に日本に住んで仕事をして、日本を体験できたことをうれしく思います」とニッコリ。「友達もできて、お蕎麦も大好きになってハマっている。すばらしい冒険をたくさんしました」と続けると、一緒に蕎麦を食べに行ったという小林は「アリシアは箸の使い方が上手。バッチリ!」と語り笑顔を見せ合うなど、息ぴったりの様子を見せていた。

カメラマン役を演じた小林だが「(演じた)禎司にとってのカメラは、僕にとってのダンス。自分の心を表現するのに一番フィットするもの」と役柄を分析。「カメラと向き合う時間が必要だった。撮影の5か月前から、1980年代モデルのカメラを買って、街を撮り始めた」と役作りに励み、これにはアリシアも「リハーサルで彼に会って驚いたのは、どれだけ準備をしてきたのかいうこと」と感心しきり。「彼の目の奥にはストーリーがある。目でストーリーを語ることができる」と絶賛すると、ウェストモアランド監督も「オーディションで彼を見て決めたんだ。キャスティングディレクターに『彼にはスターパワーがある』と伝えました」と称え、小林は「光栄です」と照れながら語っていた。

Netflixオリジナル映画『アースクエイクバード』は11月15日よりNetflixにて独占配信スタート

この記事の画像一覧 (全 13件)