前島亜美の崩壊っぷりに反響「人生で初めて舞台上であることをします」

映画・舞台 公開日:2019/10/23 4
この記事を
クリップ

女優の前島亜美が18日、東京・俳優座劇場にて同日上演開始の『~崩壊シリーズ~「派」』舞台挨拶に登場した。

前島は2010年、アイドルグループSUPER☆GiRLSのメンバーとしてデビュー。グループ卒業後は、舞台を初めテレビや声優などマルチに活躍の場を広げている。昨年開設した公式YouTubeチャンネルは登録者数13.8万人を突破(2019年10月22日現在)、様々なことに果敢に挑戦する動画も話題となっている。

舞台『崩壊シリーズ』は、2016年4月~5月に第1弾『九条丸家の殺人事件』が上演。のちにシリーズ化し、2017年4月~5月に第2弾『リメンバーミー』を上演した。毎公演で激しくステージセットが崩壊していく奇想天外な舞台に、口コミで話題が話題を呼んだ。今回前島が出演する『~崩壊シリーズ~「派」』は、本シリーズの第三弾となる。

前島は、「阿賀桜(あが・さくら)役の前島亜美です。崩壊シリーズの第3弾に携われることがとても嬉しく思っています。どんな風になるのかなと私自身もドキドキしながら稽古に臨んでいたんですけども、今回私はかなり挑戦をしているなと思っておりまして、人生で初めて舞台上であることをします。観に来てくださる方々がどんなリアクションをされるのかドキドキするんですけども、どこまで崩壊できるかっていうのを毎公演チャレンジしていきたいなと思います。是非、楽しんでください」とコメント。本舞台での役名と意気込みについて語った。




初日舞台公演後には自身のSNSにて「無事に初日が終了しました。ご来場頂いた皆さま、本当にありがとうございました!とても、ホッとしました。素晴らしいスタッフ陣の皆さまと、先輩方と、ドタバタながら凄く楽しくお芝居させて頂いてます。ここから自分にできることを、最大限まで広げていきます。また明日!」と投稿すると、ファンから「ドタバタで楽しく暴れ回るあみたをみて新たな世界観が見れたなと思います!」「お疲れ様でした!千秋楽まで体調や怪我に気を付けて頑張ってください!」「あみた演じる阿賀さくらの可愛さ&崩壊っぷりが最高でした!笑いっぱなしの2時間でした。」と150件以上もの感想が寄せられた。



   

この記事の画像一覧 (全 5件)