『鬼滅の刃』が舞台化、主人公の妹役に髙石あかりを抜擢

映画・舞台 公開日:2019/10/21 5
この記事を
クリップ

先日、舞台化が発表され、話題騒然となっている舞台『鬼滅の刃』。

本作は吾峠呼世晴による漫画作品で、2016 年集英社『週刊少年ジャンプ』11 号より連載開始。 人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、 シリーズ累計発行部数が 1,400 万部を突破(2019 年 10 月時点)、TV アニメも絶大な人気を博している。





10 月 21 日発売の同誌にて、第 1 弾ビジュアル&注目のキャスト情報を含む全情報が解禁された。

主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)を演じるのは、『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage の爆豪勝己役で注目を集め、目覚ましい活躍を見せている小林亮太。鬼に変えられてしまった妹・竈門禰豆子(かまどねずこ) には髙石あかりが抜擢された。

髙石は2016年から2年間、AAAの妹弟分として結成されたダンスボーカルグループ α-X’s(アクロス)の中心メンバーとして活動。グループ解散後は舞台や映画を中心に活躍し、avexの次世代を担う逸材として注目の女優だ。

髙石あかりコメント>
この作品に出演出来ることに感謝します。 家族思いで優しく、とてつもなく可愛くて強い…そんな皆さまから愛される部分をどう表現するか、禰豆子ちゃんと誠心誠意向き合って皆さまにお届けできたらと思います!

ヴィジュアル写真公開後、早速、多くの反響を得ている髙石あかり。原作ファンからも期待が高まる今作でのパフォーマンスに注目だ。

◆公演概要◆
舞台「鬼滅の刃
期間・劇場
【東京】2020年1月18日(土)~26日(日)天王洲銀河劇場
【兵庫】2020年1月31日(金)~2月2日(日)AiiA 2.5 Theater Kobe
原作
鬼滅の刃』吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・演出
末満健一
音楽
和田俊輔
出演
竈門炭治郎 小林亮太
竈門禰豆子 髙石あかり
我妻善逸 植田圭輔
嘴平伊之助 佐藤祐吾
冨岡義勇 本田礼生
鱗滝左近次 高木トモユキ

錆兎 星璃
真菰 其原有沙

白髪 柿澤ゆりあ
黒髪 久家心

珠世 舞羽美海
愈史 郎佐藤永典

鬼舞辻無惨 佐々木喜英