中山美穂 浮気を疑われて逆切れ!?イメージ覆す“新たな顔”に称賛の声

映画・舞台 公開日:2019/10/21 9
この記事を
クリップ

「大人計画」の主宰・松尾スズキが監督・脚本・主演を務めた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(読み方:いちまるはち かいばごろうのふくしゅうとぼうけん)が10月25日(金)にTOHOシネマズ 日比谷 ほか全国公開となる。

昨年活動30周年という節目を迎え、作家、演出家、映画監督、俳優など多岐にわたって活動を続けてきた松尾スズキが自ら“到達点”と語っており、注目を集めていた本作。愛妻がSNSに投稿した浮気写真を見て激怒した主人公が、「全財産を使って”いいね!”の数だけ女を抱く」という、あまりにバカバカしい計画を思いつくという物語。常軌を逸したドタバタぶりにマスコミ試写会や完成披露上映で爆笑が巻き起こっている。




今回、中山美穂演じる妻・綾子の浮気を匂わせるSNSの投稿を知った、松尾スズキ演じる主人公・海馬が執拗に責め立てる夫婦喧嘩勃発のシーンを切り取った本編映像が解禁となった。

解禁された映像では、夕食の鍋が煮えたぎる中、スマホ片手に「昼間、ある女優に見せてもらった。君のSNSに何て書いてあったと思う?」と妻・綾子に詰め寄るも、「知ってるわよ、自分で書いたんだもの。でも、その女優て誰?あなたのお好きなタレ目風の女優?それとも2年前に噂になった巨乳の女優?」と矢継ぎ早に切り返す綾子にタジタジになる様子がうかがえる。そして、綾子が「どうせ私は貧乳よ!」と悲壮な雄叫びを上げると、「君が貧乳か貧乳でないかという議論は10万回して、それは主観によるという結論が出たはずだ」と必死になだめようとする海馬のコミカルな姿が収められている。

本作の中山美穂は、今までのイメージを覆すようなコメディエンヌぶりを発揮し、女優として新たな顔をみせており、試写で鑑賞したライターや映画評論家からも称賛の声があがっている。本映像の後も夫婦喧嘩は続いていき、海馬のわめき散らす姿が描かれる。妻の不貞を問い詰めようとしていたはずなのに、彼女のペースに翻弄され、話の論点がズレていく一連のやり取りは、松尾スズキ作品ならではのウィットに富んだ笑いの世界が広がっている。

また、この一連の夫婦喧嘩の中で綾子が自分で書いた浮気投稿を声に出して読まされるシーンでは、海馬の老眼鏡を借りて文字を読むという台本にはないアドリブを現場で作っていったという松尾と中山。30年間笑いを追求してきた喜劇人・松尾スズキとスーパースター・中山美穂が真面目に演じるバカバカしい夫婦喧嘩シーンが誕生した。面白さが詰まった名シーンに注目だ。


■『108~海馬五郎の復讐と冒険~
10月25日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
配給:ファントム・フィルム
ⓒ2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会

この記事の画像一覧 (全 9件)