佐野勇斗主演『里見八犬伝』神尾楓珠、塩野瑛久ら若手注目俳優「一丸となって」

映画・舞台 公開日:2019/10/17 6
この記事を
クリップ

アクションエンターテインメントの最高傑作として好評を博すスペクタクル 時代劇『里見八犬伝』。21 日(月)まで、なかのZERO大ホールにて、東京公演を開催中。その後、大阪、福岡、愛知公演を経て11月30日(土)~12月8日(日)まで明治座にて東京凱旋公演を行う。


話題のキャストと斬新な演出が評判となり、ライヴ・エンタメに新風を巻き起こしているスペクタクル時代劇の決定版『里見八犬伝』。2年5ヶ月ぶりの上演となる今回は、今最も注目されている若手俳優の一人、佐野勇斗が舞台初主演で【犬塚信乃】に挑む。そして、8 つの玉を持つ注目の八犬士、犬塚信乃以外の7人の犬士は、松田凌岐洲匠神尾楓珠塩野瑛久上田堪大結木滉星財木琢磨と、今を時めく華と勢いのあるキャストが一堂に揃った。また、岐洲匠神尾楓珠は今回が初舞台となる。スペクタクルでドラマティック、迫力と感動のエンターテインメント時代劇『里見八犬伝』、新たな八犬士が繰り広げる魅惑の冒険活劇をぜひお楽しみに。




東京公演初日となった本日、なかのZEROホールにて公開ゲネプロと囲み取材を行われた。

※囲み取材では、館山公演が中止になったことについてと、初日を迎えるにあたっての意気込みを伺った。


<犬塚信乃役:佐野勇斗コメント>

里見八犬伝』を愛している皆さまに観てもらいたい気持ちもありますし、館山をはじめ全国を周りますので少しでも皆さんを勇気づけられる公演に出来ればと思います。初めての座長、初めての殺陣と初めて尽くしで、正直最初は不安もありましたが、深作さんをはじめ他のキャスト、スタッフの皆さんに支えられ、舞台ってこんなに楽しいんだと思えた作品です。今日初日を迎えられることを嬉しく思いますし、みんなの頑張りが少しでも伝わればいいなと思います。本当に素晴らしい作品であることは間違いありません。皆さんに勇気と感動を与えられるように一丸となって無事に千秋楽まで迎えられればと思っています。

 

<犬川荘助役:松田凌コメント>

里見八犬伝』は館山でのお話なので公演できなかったのは悔しいですが、こういう時だからこそ座組の力を僕達は発揮できると信じていますし皆の気持ちも一つなので、皆さんにとって力になれるような作品を届けていきたいと思います。



<犬田小文吾役:岐洲匠コメント>

初舞台で足りないものもあると思うんですけど、今出来ることを精一杯全力で出しますので、よろしくお願いします。(初舞台で)動き、声の大きさ、何もかもが未知の世界でしたし、殺陣があるので心と体のバランスを取るのが難しかったですが、素敵な仲間達に囲まれ、すごく楽しみながらやっています。


<犬江親兵衛役:神尾楓珠コメント>

館山で初日を迎えられなかったことは残念ですが、やることは変わらないので、しっかりやっていきたいと思います。今まで培ってきたことだけでは出来ないこともあり、その中でも周りの素晴らしい方々を見て学びながら初日を迎える感じですが、どんな感じなんだろう?というのが今一番ありまして、この初めての感覚を楽しみながら出来ればいいかなと思います。


<犬坂毛野役:塩野瑛久コメント>

嵐の後はきっと晴れるので、そして晴れの最初の門出がこの東京公演だと思いますので、頑張ります。


<犬村大角役:上田堪大コメント>

館山の皆さんの想いとか、色々なものを背負って本番に臨みたいと思います。


<犬飼現八役:結木滉星コメント>

館山の皆さんを勇気づけられるような作品をお届けしたいなと思いますので、まずは僕らが精一杯楽しみたいと思います。


<犬山道節役:財木琢磨コメント>

舞台で同じように災害のようなもの(南総大崩れ)が出てきますが、その中でも強く生き続ける者たちを表現して、皆さんを勇気づけられるようにしたいと思います。


<演出:深作健太コメント>

令和という新しい時代を迎えて、新しい素敵な八犬士が揃い、思い出深い館山で幕を開けられることをスタッフ・キャスト一同楽しみにしていましたが、館山公演を無かったことにするのではなく心の中の第1回目公演として、東京初日を迎えたいと思います。館山だけでなく被災された他の県でもまだ爪痕が残っているかと思いますので、そういった皆さんにも『里見八犬伝』の魂をお届けして、ぜひ楽しん頂ければと思います。今回のキャストの皆さんも本当に素晴らしいです!リクエストしたことにも応えてくださりますし、芝居全体のクオリティーも大変上がっていると思います。それはひとえにキャストの皆さんが頑張ってくださっているからだと思います。

東京で開幕するこの公演を早く全国に届けたい、そんな想いでおりますので、皆さん是非応援をお願いします。


カメラ:阿部章仁

この記事の画像一覧 (全 16件)