桜井日奈子、間宮祥太朗からの新手の嫌がらせに「やめてください~」

映画・舞台 公開日:2019/10/17 10
この記事を
クリップ

本日、映画『殺さない彼と死なない彼女』の完成披露上映会が都内で行われ、ダブル主演を務める間宮祥太朗桜井日奈子をはじめ、恒松祐里堀田真由箭内夢菜ゆうたろう金子大地中尾暢樹、小林啓一監督が登壇した。




本作は、若者を中心に高い支持を得ている漫画家・世紀末の人気四コマ漫画を実写映画化。何気ない日常の“孤独”と“希望”を、不器用で純粋な少年少女たちの三つの物語で紡ぎ出す。


映画のタイトルにちなみ「〇〇ない彼」「〇〇ない彼女」というお題でトークが展開。間宮は「あまり感情が顔に出ない彼」と回答すると「マネージャーからはいつも、仕事が決まったときの感情表現が腑に落ちないと言われるんです。でも人それぞれ、感情の出し方って違うと思うので……」とやや不満顔。間宮の話に桜井は「わかるかもしれない」と同調すると「現場でもなにを考えているのか分からない。あまり話しかけてほしくないタイプなのかと思った」と告げる。


すると堀田も「私は、間宮さんをいじれない彼女です」と追随する。司会者から真意を問われた堀田は「別の作品で間宮さんと幼馴染の役だったのですが、そのとき『走り方が変』とか『女優なのに髪が汚い』とかメチャクチャいじられたんですよ」と発言。間宮は「確かに本当に髪の先まで水分いっているのかなというときがあったんですよ」と事実を認めると「でも突っ込んでもすごく上手く返してくれるので、いじりたくなっちゃうんです」と愛ゆえのいじりをアピール。


恒松から「この際だから(間宮を)いじってみたら?」と言われた堀田は、一瞬ひるんだものの「今日の服、なんか変じゃない?」と発言するが、周囲からは「それはただの悪口じゃん!」と突っ込まれてタジタジになっていた。


一方、桜井は「捨てられない彼女」と回答。「いつか使うかもしれない」と考えると物を捨てることができないと告白すると「友達がくれたラムネのビー玉も捨てられないんです」と嘆く。すると間宮は「いまの話を聞いていて、いらないものを永遠にあげつづけようかな。新手の嫌がらせができますね」とニヤリ。桜井は「やめてください~」と困った顔を見せていた。

この記事の画像一覧 (全 23件)