椎名桔平、“下剋上あり”園子温ワールドは「気が気じゃなくなる」

映画・舞台 公開日:2019/10/12 8
この記事を
クリップ

その独創性から“鬼才”とも呼ばれる園子温監督が、Netflixにて全世界に向けて配信する『愛なき森で叫べ』。実際に起きたある猟奇殺人事件をベースにしながら、園自身の青春時代を彷彿とさせるエピソードや、これまでの監督作に出てきた人物と同じ名前のキャラクターを登場させるなど、“園ワールド”を存分に堪能できる作品となっている。


そして、そんな独特の世界観の中で、さらにその世界観を広げる独特な主人公・村田丈を、椎名桔平が彼にしかできない表現で魅せる。撮影期間はタイトで悩むこともあったと言うが、犯罪者となる残虐な一面と、どこか憎めない愛らしさをもつキャラクターを絶妙な加減で見せてくれるのはさすがの一言。


かねてより“園ワールド”に入ることを望んでいたという椎名と、椎名の存在があって今作の制作に入ることができたという園。そんな相思相愛の2人に今作について語ってもらった。


―今作のきっかけは、園さんが6年前にモチーフとなる事件に興味を持たれたことだったと伺いました。

園:6年前はそう思いましたけど、去年、「これ、園さんがやりたいやつでしょう?」って言われたときには、やりたくない、って思いました(苦笑)。


―6年の間にお気持ちが変わられて。

園:前はこういうのが好きだったんですけど、最近は落ち着いて、結婚もして幸せになって(笑)。僕からは「こういう暗い事件はどうかな?」って言ったんですけど、プロデューサーの武藤(大司)さんに口説かれて、「じゃあ、やりますか」って重い腰を上げて始めました。ただ実際にあった事件をそのまま映像化したら誰も観続けられないので、そこは変えていかないといけないな、と。それで少しファンタジーの要素を入れたりもしました。そして、もう一つの理由としては、この作品の企画が上がる少し前に偶然、海外旅行中の椎名さんと会ったんですよ。そこで「今度、一緒にやれるといいね」いう話をしたところだったので、椎名さんに村田をやってもらえたらいいかなと思ったところもありますね。

椎名:微妙(笑)。




―あははは(笑)。確かに犯罪者の役ですからね。

椎名:以前から監督とご一緒したいとは思っていましたけど、まさかこんなキャラでとは想定していなかったので(苦笑)。正直、僕自身はこのモチーフとなった事件のことはあまり知らなかったので、それこそインターネットで調べたくらい。そしたら、とにかく凄惨な事件だったので、「これ!?えー」みたいに思ったんですよ。ただ先ほど監督がおっしゃったように、作品としてはファンタジーの要素も入って、序盤なんてポップ過ぎるくらいポップだったので、「あれ?これはあの事件に基づいた物語?」って、混乱しちゃうくらいになっていて。まあ終盤は、園さんの非常に濃い世界に入っていくんですけど、その崖から突き落とされるような落差っていうのも、やっていながら面喰うところでしたね。僕自身、ありとあらゆるものを頭の中に詰め込んで、毎日どう演じれはいいかっていうことを考えていました。

園:でも村田のポップさは、逆に実話に基づいていたりもするんですよ。例えば、付き合っていた女性をかき集めてコンサートを開くエピソードは、実際にあったことで。そういう笑えるような部分もすごく多かったので、その辺りは絶対に映像化する上でも忘れたくないとは思っていました。今回、最初から映画として撮っていたら、ポップな面をそぎ落として、シリアスな面を強調したと思うんですけど、ドラマ想定していたので笑いに満ちているところはありますね。


―今作は当初は全6話のドラマシリーズとして作られて、結果的に編集を経て現在の映画フォーマットの形で配信されることになったそうですが、そういうところも含めて、Netflixだからこそ良かったことはありましたか?

園:僕、前にAmazonでドラマ(『東京ヴァンパイアホテル』)をやって、それでドラマ形式は二度とやるもんか、って(笑)。

椎名:これは書かないでくださいよ(笑)。

園:いや、違うの。ドラマを全話監督するのがどれだけ疲れるのか、っていうのがわかったから(笑)。脚本も監督も編集も全部を自分でやるのは、もうあり得ない。二度とやらないっていうくらい大変だったんです。それなのにまたこんな企画が来て。だから、これはまたきついと思ったんだけど、刺激のあるキャスティングを夢見ながらストーリーを書いていたら、これは他人には任せられないな、と。ホントにこれが最後の最後のドラマだって思ってやり始めました。


―園さんはこれまでも実際の事件をベースとした作品を手掛けられていますが、その点で心掛けていることはありますか?

園:実際にあった事件をもし忠実に映像化したとすると、息が詰まってどうしようもなくなることが多いと思うんです。例えば『冷たい熱帯魚』の吹越(満)さんの役(社本信行)みたいないい人は実際の事件にはいなくて、ひたすら非情な人ばっかりなんです。でも映像化するなら、ああいう観客に近い、普通の人をフィクションで出すことで、ガス抜きになる。今回の(満島)真之介の役とかもそうですね。でもまあ、何を言いたいかっていうと、実録ものは怖いですよ。あんまり好きじゃない(苦笑)。血も怖いし、人が死ぬのも観たいとは思わないから、今はなんでこんなの作ったのかな?って思いますね(笑)。

椎名:ふふふふ(笑)。


―ただ今作は凶悪事件を描くとともに、園さんの青春時代を反映したような若者の映画作りの話も絡めていますよね。

園:映画の現場でも役者がどんどん権力を持って、監督が存在感をなくすようなことがあるっていう話を聞いたりするんですけど、それと今回の事件が似ているところがあると思って。事件の方は、なんか勝手にひょろりと入ってきた男が、彼女の両親にまで権力をふるって、家で王様のようになるんですけど。そういう意味では、そこをうまくシンクロさせられたというのはありましたね。




―椎名さんが演じられた村田丈という人物は、犯罪者ではありますが、人を引き付ける魅力を持っていたりと、複雑なキャラクターだと感じました。役作りはどのようにしていったのでしょうか?

椎名:まずはもう、監督の言われることをどれだけできるか、っていうことしか考えてなかったというのはありますね。ただ(当初は6話のドラマだったこともあり)尺も長いし、事件的な意味からもただの悪い奴だけではつまらないので、多面性を見せないといけないな、っていうのは思っていました。その中には監督をモデルとするところもありましたよ。監督は撮影現場でいろいろ変わる人ですから(笑)。とにかく大きく考えてカラーを作っていくというか。人から見たときに、どういう人なんだろう?って思ってもらえるような、謎めいた部分を持つようには意識していましたね。監督もそのようにおっしゃっていましたし。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 37件)