映画初主演の堀田茜、『イッテQ!』で培われた“出川ガールズ”イズムが女優業に活きる

映画・舞台 公開日:2019/10/03 23
この記事を
クリップ

恋愛アプリを原作にした『ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜』では、人気イケメン俳優たちを相手にビンタシーンにも挑んだ。「何事も『一回でやりきれ!』というバラエティ精神があるので、思いきりやってしまって、気持ちいいくらい頬にバチーン!と入った」と躊躇なく振りかぶれたのも、バラエティの現場で鍛えられたおかげ。「相手役の方は『全然平気だよ』と言ってくれましたが、相当痛かったはず。私の手もかなり痛かったので…申し訳ないです」と苦笑い。


記念すべき初主演映画。「反省点ばかり。でも撮影中は100%の力でぶつかったので悔いはありません」と胸を張り「演技に自信があるわけではないけれど、これからもお芝居を沢山やって経験を積んでいきたい。この映画をきっかけに大役を任せてもらえるようになりたい」と意気込む。


女優としての武器は、“出川ガールズ”として培われたタフさ。「ほとんど身一つで見知らぬ海外の地に行き、常に自分で考えて行動しなければいけないので、精神面と肉体面は鍛えられました。女優として泥まみれになるシーンや雪の中でのシーンなど、ちょっとやそっとでは驚きません。過酷な状況もへっちゃらです!」と受けて立つ構えだ。


でも恥ずかしいことが一つだけある。それは師匠・出川哲朗の本編鑑賞だ。「出川さんは『映画館に絶対に観に行くよ!』と言ってくれましたが、私は『絶対に観ないでください!』と言いました。私にとって出川さんはもはや親みたいな感覚。演技をしている姿を観られるのは恥ずかしい」と頬を赤らめる。“出川ガールズ”ではない、素朴な堀田茜の素顔があった。


<作品情報>

10月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー

監督:永江二朗 脚本:鹿目けい子 

主題歌:「Break Karma」+α/あるふぁきゅん。(MAGES.)

出演:堀田茜/稲葉友 ほか

原作:ボルテージ「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」

配給:キャンター、スターキャット 

© Voltage  ©2019映画「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」製作委員会

http://doubt-movie.com/


HAIR&MAKE=大島清子(Lila) 

STYLIST=津野真吾(impiger)

文・写真:石井隼人

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)