既婚者・宮沢りえ、表現者としての理想像は「家庭も守って、仕事でも攻めまくる」

映画・舞台 公開日:2019/09/23 7
この記事を
クリップ

女優の宮沢りえが23日、都内で行われた映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の公開後舞台挨拶に蜷川実花監督と参加した。


不世出の作家・太宰治による名著「人間失格」の誕生秘話を、太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化した。


太宰の刹那的な生き方について宮沢は「クリエイティブな仕事をしている方たちは、太宰のように人間としては成立していないけれど、表現者としては最高だというような人が多い」と分析。演じた正妻・美知子は表現者としての太宰の破滅を肯定する役どころだが、宮沢自身は「私は家庭も守って、仕事でも攻めまくるのが理想。なかなか難しいですけれど、それを理想としています」と人としてのバランス感覚を大切にしていた。




主演舞台の公演タイミングとの重なりで、この日が本作関連の舞台挨拶初参加。宮沢は「公開初日から蜷川監督のInstagramをマメにチェックして、皆さんの感想を読んだりしていました」と本作を気にかけていたことを明かし、蜷川監督は「今日の舞台挨拶も、りえちゃんの発案で決まったものです」と開催経緯を説明した。


蜷川監督とは故・蜷川幸雄さん経由で元々知り合いだが、タッグを組むのは初。「蜷川監督からは『いつか何をやりましょう』と言われていたので楽しみにしていました。作品が決まったときは嬉しい反面、今まで温めてきた関係を大切にしたいからこそ、絶対にガッカリさせたくないという思いが強かった」と真剣勝負を意識。それは蜷川監督も同じで「中途半端な役でお願いをしたくはないし、出演してもらえるならば絶対に成功させなければという思いがありました」とオファーの際の心境を吐露した。


さらに蜷川監督から「近いうちに主演としてご一緒できたら…というのが今も頭の片隅にある」と再ラブコールを送られた宮沢は「嬉しいなぁ」と喜び「今言った作品が形になったら、絶対に観に来てくださいね!」と茶目っ気たっぷりに客席に呼びかけていた。

この記事の画像一覧 (全 5件)