杉野遥亮×福原遥『羊とオオカミの恋と殺人』主題歌にロイ-RöE-

映画・舞台 公開日:2019/09/20 4
この記事を
クリップ

フジテレビ系ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」のオープニングテーマに起用されたことで注目を浴びるシンガーソングライター・ロイ-RöE-の新曲『癒えないキスをして*』が、杉野遥亮・福原遥W主演の映画『羊とオオカミの恋と殺人』の主題歌に抜擢された。


映画『羊とオオカミの恋と殺人』は1,000万ダウンロードを突破している人気漫画アプリ「マンガボックス」で閲覧数1位を独走したコミック「穴殺人」(作者:裸村)が実写化されたもので、11月29日(金)にTOHOシネマズ 日比谷他全国公開が決定。


「キセキ ーあの日のソビトー」「居眠り磐音」「スカム」等、ドラマや映画、CMで活躍中の杉野遥亮が自殺志願の男の子の黒須越郎役として映画初主演を、「4月の君、スピカ。」や「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」で話題を呼んだ福原遥が殺人鬼の美少女・宮市莉央役としてW主演を務め、強烈なキャラクターを見事に演じている。


主題歌に起用された新曲『癒えないキスをして*』は、映画のためにロイ-RöE-が楽曲を書き下ろし。ロイ-RöE-は「ふたりの踏み外した恋愛、繋がりをしっかりカタチどれる曲にしたいという思いのもと、この曲を制作しました」とコメントしている。楽曲は、デビューEP『ウカ*』でタッグを組んだゲスの極み乙女。のちゃんMARIがサウンドプロデュースを担当。リリース情報等はまだ発表されていない。


本日解禁となった映画の本予告では主題歌の『癒えないキスをして*』が初解禁され、楽曲の一部を聴くことができる。本予告は猟奇的ながらもラブリーな前半から、後半は殺人シーンが矢継ぎ早に映し出され、スリリングかつサスペンスフルな展開に一転。2人の青春猟奇的ラブストーリーが炸裂する映像に、ロイ-RöE-の楽曲が彩りを与えている。




<ロイ-RöE- コメント>

オファーをいただき、朝倉監督と初めて作品についてお話しした際に「なんて面白い映画なんだろう、素敵な作品に出逢えた」となによりも感じました。ナイフに血飛沫、なのに時おりクスッと笑えてまたドキドキして…ひとつのひとつの展開に魅せられる。ふたりの踏み外した恋愛、繋がりをしっかりカタチどれる曲にしたいという思いのもと、この曲を制作しました。一筋縄ではいかない相手を想ってしまう主人公の黒須くんの恋心はわたしにも芽生えた事があります。理解することより、理解しようとする気持ち。「癒えないキスをして*」はそんなフクザツで熱心なラブソングになりました。観賞後パピコが食べたくなる そんな素敵な映画です。


『羊とオオカミの恋と殺人』

出演:杉野遥亮 福原遥 江野沢愛美 笠松将 清水尚弥 一ノ瀬ワタル/江口のりこ

2019年11月29日(金) TOHOシネマズ日比谷他 全国ロードショー

配給:プレシディオ

©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社


この記事の画像一覧 (全 2件)