多部未華子、“他力本願はなし”男前な恋愛観「自分で考えてと言いたい」

映画・舞台 公開日:2019/09/17 34
この記事を
クリップ

――物語にはいくつもの出会いが登場しますが、多部さんがステキだなって思う出会いはありましたか?

絶対に嫌なのは矢本(悠馬)くん(織田一真役)と奥さんとの出会いですね(笑)。印象的な出会いは、しほりちゃんが勘違いするシーンです。


――貫地谷さん演じる美奈子は声しか知らない男性に恋心を抱き始めます。その声の主のお姉さんである香澄(MEGUMI)に、ヘビー級の世界戦で挑戦者が勝ったら、(声の主が美奈子に)告白すると聞かされたときですね。

あの時、“意味が分からないです。そんなの他力本願じゃないですか”という美奈子の気持ちがとても分かりました。私も人に頼るのではなく、自分で考えてと言いたいタイプなので (笑)。何かをするために、背中を押すきっかけが欲しいという考えには、私はあまりならないんです。


――そんな多部さんはお休みの日、何をされているんですか?

最近は月額契約の動画チャンネルをずっと観ていますね。ソファの上で犬と一緒に飲み物を飲みながら、恋愛リアリティショーを観ています(笑)。他には酵素風呂にもハマっていて。酵素風呂に行って外出をしても、帰ったらまた観ていますね。




――では最後に映画『アイネクライネナハトムジーク』のアピールをお願いいたします。

本当に大きな事件があるわけじゃないけれど、小さな繋がりからたくさんの愛が芽生える物語です。心がほっこりしたい方はぜひ劇場まで足を運んでご覧になってください。



文・写真:今泉


スタイリスト:岡村春輝 Haruki Okamura
ヘア&メイク:倉田明美(Cinq NA)Akemi Kurata(Cinq NA)

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 33件)