小栗旬が口説いてキスして甘えて…『人間失格』でヤバすぎるセリフ連発

映画・舞台 公開日:2019/09/13 19
この記事を
クリップ

天才作家・太宰治が死の直前に完成させた『人間失格』は、累計1200万部以上を売り上げ歴代ベストセラーのトップを争う、“世界で最も売れている日本の小説”。その小説よりも遥かにドラマチックだった<誕生秘話>を太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化するのが『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9/13(金)公開)。




監督は世界で活躍する写真家の蜷川実花。構想に7年を費やし、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を大胆に映画化!主人公の太宰治を演じるのは、小栗旬。蜷川監督と初タッグを組み、大幅な減量を敢行しながら、究極のダメ男でモテ男、才気と色気にあふれた最高にセクシーでチャーミングな、かつてない太宰像を創りあげた。

太宰の正妻・美知子に宮沢りえ、作家志望の愛人・静子に沢尻エリカ、最後の女・富栄に二階堂ふみ。それぞれの世代を代表する女優たちが、一見太宰に振り回されているように見えて実は自分の意志で力強く生きている女性たちを圧巻の演技力で魅せる。

さらに太宰を取り巻く男性陣に成田凌千葉雄大瀬戸康史高良健吾藤原竜也ら超豪華キャストが集結。蜷川組常連のスタッフに加え、脚本に『紙の月』の早船歌江子、撮影に『万引き家族』の近藤龍人、音楽には世界的巨匠・三宅純を迎え、日本映画界最高峰のチームが集結。ゴージャスでロマンティックな唯一無二の蜷川実花の世界観をさらに進化させた。

この度、小栗旬演じる太宰治のキザで甘すぎるセリフ&ラブシーンをまとめた本編映像を解禁。

映像は、沢尻エリカ演じる愛人・静子のまっすぐな好意に心を動かされた太宰が、頬に手を添えながら「一緒に堕ちよう」「死ぬ気で恋、する?」と口説くシーンからスタート。静子とは文通から始まり徐々に心を通わせていった一方で、二階堂ふみ演じる富栄には初対面にも関わらず、花の影に隠れ、いきなりキス!?直前で富栄に「ダメ」と小さく抵抗されるも、「大丈夫、君は僕が好きだよ」とささやき、再びキスを迫る。


実はこのセリフ、実際に太宰が富栄に言ったとされているもの。数多くの女性を恋に堕としてきたモテ男・太宰が実際に使った口説き文句を、小栗旬が甘く掠れた声で再現している。また2人の愛人にはキザな言葉をするりとささやき口説いていく太宰だが、本当の自分をさらけ出せるのは、宮沢りえ演じる正妻・美知子にだけ。彼女には、布団に寝転がり言葉なくここに来てと呼び寄せ幼い子供のように甘え切った姿を見せている。

人間失格 太宰治と3人の女たち』は9月13日(金)から全国公開中。

ドワンゴジェイピーnewsでは本作ご出演の沢尻エリカさんにインタビューを敢行。こちらもぜひお読み頂きたい。

沢尻エリカ“女優失格”乗り越え「仕事もプライベートも充実」

https://news.dwango.jp/moviestage/41135-1909 


■『人間失格 太宰治と3人の女たち
9月13日(金)全国公開
監督:蜷川実花
出演:小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ
成田凌 / 千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾藤原竜也
脚本:早船歌江子、音楽:三宅純 撮影:近藤龍人
主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリア鳴く空feat.チバユウスケ」(cutting edge/JUSTA RECORD)
配給:松竹、アスミック・エース
(C)2019 『人間失格』製作委員会




   


   


   

この記事の画像一覧 (全 15件)