横浜流星 そっと手を…松岡広大がドキドキ「柔らかいね、手…」

映画・舞台 公開日:2019/09/12 13
この記事を
クリップ

俳優の横浜流星が12日、都内で行われた映画『いなくなれ、群青』大ヒット御礼舞台あいさつに共演者の松岡広大、メガホンをとった柳明菜監督とともに出席した。


9月16日は横浜の23歳の誕生日とあって、この日のイベントではサプライズで巨大なケーキが登場した。横浜は作品の舞台となった階段島をイメージした水色のケーキに「めちゃくちゃうれしいな、ありがとうございます!」と感激。ファンからも「おめでとう!」と祝福され、「あざっす」と笑顔を浮かべた。


23歳の抱負を聞かれると、「まだまだ未熟者なので色んな作品と役に挑戦して一つひとつ実力をつけていきたい。まだ勉強しなきゃいけないことがたくさんなので、学んでいきたい」と飛躍を誓った。


公開から約1週間経った、横浜の主演映画『いなくなれ、群青』。菅原大樹プロデューサーも登壇し、ネタバレありのトークセッションを行った。その流れで、劇中にある横浜の手つなぎシーンを再現することに。相手役は松岡が名乗りを上げ、そっと手を繋いだ。すると松岡は「めっちゃドキドキしている…。柔らかいね、手…」と照れまくっていた。




映画は、シリーズ100万部を突破した河野裕氏の青春ファンタジー小説が原作。横浜は、悲観的な主人公・七草を演じ、そのほか飯豊まりえ、黒羽麻璃央、矢作穂香、松本妃代、中村里帆らが出演している。

この記事の画像一覧 (全 23件)