田中圭主演『mellow』は“全員かわいい映画”「こんなにモテる予定じゃなかった」

映画・舞台 公開日:2019/09/13 6
この記事を
クリップ

田中圭主演最新作『mellow』(メロウ)が、2020年1月17日(金)に全国公開することが決定した。

俳優としての長いキャリアが裏付ける実力がありながら、2016年のドラマ『おっさんずラブ』での大ブレイク、2019年1月から異例の2クール連続ドラマ『あなたの番です』での好演もあり、今最も勢いのある俳優・田中圭。ヒロインには、ドラマ『パーフェクトワールド』で見せたナチュラルな演技が記憶に新しい注目の若手女優、岡崎紗絵を迎える。


田中圭が演じるのは、独身、彼女無し、好きな花の仕事をして、穏やかに暮らしているオシャレ花屋の店主・夏目誠一。岡崎紗絵が演じるのは、父親から代替わりし今では廃業寸前のラーメン屋を営む女店主・木帆。物語は、街で一番オシャレな花屋と廃業寸前のラーメン屋を舞台に、様々な恋愛模様が描かれていく、不器用な片想いたちの物語となっている。

さらに、物語の主要キャラクターとして、ピュアな女子中学生役に、これまでの今泉作品でも起用され、透明感のある演技が魅力の志田彩良、本作が映画初出演となる松木エレナらのフレッシュな演技が光る。さらに、白鳥玉季SUMIRE山下健二郎(友情出演)らが、個性的なキャラクターを演じてしっかりと脇を固め、ともさかりえ小市慢太郎の演技が物語に深みを与えている。また主題歌は新星・並木瑠璃の『花になる』。透き通った力強い声が、印象的に仕上がった。

監督は、オリジナル映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で恋愛こじらせ女子の恋模様を描き多くの若者に支持を得て、2019年4月公開の『愛がなんだ』では、連日満席、立ち見がでて公開館が拡大される大ヒット。9月20日(9月13日宮城県先行)に公開が控える伊坂幸太郎原作、三浦春馬、多部未華子出演の『アイネクライネナハトムジーク』にも期待がよせられる恋愛映画の旗手、今泉力哉田中圭との初タッグに期待が高まる。クスリと笑えるセリフのやりとり、じわりと胸に響くストーリー展開。滑稽さやカッコ悪さも含めて、包み隠さず「恋愛」を描きだす、今泉力哉オリジナルならではの今泉ワールド全開の恋愛群像エンターテインメントとなっている。

そしてこの度、特報映像も解禁。花屋の中で花を一輪一輪ラッピング作業をする田中圭の静寂のシーンに”不器用な片想いたちの物語。”というコピーが入り。そこから一転、並木瑠璃の主題歌が響き、“その想い、この花とまれ”という、まっすぐなメッセージ。女性が次々に愛を告白するシーンがテンポよく続き、最後に田中圭の暖かい笑顔が出迎える今泉監督作品らしい特報に仕上がっている。

mellow』は2020年1月17日(金)新宿バルト9・イオンシネマ シアタス調布ほか全国公開。



田中圭 コメント>
今泉監督とは初タッグで、お会いした時に独特の空気感を感じ、それこそ存在がmellowでした。台本を読んで、本当にmellowだと思いましたし、花屋とラーメン屋で繰り広げられる人間模様、人が人を想う気持ちの愛しさ、登場するキャラクター。なんだか全部がmellowでした。オリジナルなので、やり甲斐がありましたし、撮影スケジュールは全然mellowではありませんでしたが、流れている空気感はずっとmellowでした。みなさんにも、僕がmellowを連発する理由が伝わると思うので、是非見に来てください!

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)