星野源、主演作のヒットに“引っ越し業者”藤井隆駆け付ける「高橋一生さんのつもりで」

映画・舞台 公開日:2019/09/10 12
この記事を
クリップ

歌手で俳優の星野源が本日、都内で主演映画『引っ越し大名!』の大ヒット記念応援上映会イベントに、お笑いタレントの藤井隆とともに出席した。


本作は、「超高速!参勤交代」シリーズなどの土橋章宏の傑作時代小説を、『のぼうの城』などの犬童一心監督が映画化。引っ越し(国替え)を幕府から生涯に7回も命じられ“引っ越し大名”と呼ばれた実在の大名・松平直矩のエピソードを基に、本を愛し、書庫から出てこないため周囲から「かたつむり」と呼ばれる侍・片桐春之介(星野)が、ひょんなことから引っ越し奉行に任命されたことから起こる騒動を描く。


星野にとって約6年ぶりの主演映画となる本作。公開初日の8月30日からこの日まで60万人を動員する大ヒットとなった感想を求められた星野は「撮影から公開まで1年半くらい、ずっとドキドキしていて、“大丈夫かなあ”“お客さん入るかなあ”って思っていたんですけど、完成した作品を観たらめちゃくちゃ面白いと思って。こんなに面白いものを撮っていただいて、自分が出させていただけたのだから、ヒットだとかそうじゃないとか、もういいやと思っていたんですけど、やっぱり大ヒットって言われるとめちゃくちゃ嬉しいですね。本当にありがとうございます」と声を弾ませ笑顔。周囲からの反響も大きいそうで「すごく吸引力のある作品だなと実感しています。本当に幸せです」と感慨深げに語った。


また、同イベントには観客にはサプライズで、星野の友人でもある藤井が引っ越し業者の細野豪という人物に成り切って登場すると大歓声が上がり、緊張した演技をした藤井は、映画を観た感想を聞かれると「いつの時代も引っ越しというのはただ物を運ぶだけではなく、心を運ぶものだという印象を受けました」とたどたどしくコメントして笑いを誘い、「普段、家族の大黒柱はお父様であると思うんですけど、ある意味引っ越しを支えているのは、奥様であったりお母様だと思います。この映画の中でも、引っ越しが決まって、実際に動くわけですけど、富田靖子さんの笑顔に救われました」と感想を語ると、星野は大爆笑して膝から崩れ落ちた。


その後、引っ越し業者の演技をやめた藤井は「改めまして、映画のファンの皆さま、星野さんのファンの皆さま、ご挨拶が遅れました。藤井隆です!」と挨拶し、「私、今まで色々お仕事に呼んでいただいたりするんですけど、これはさすがにご遠慮したほうがいいんじゃないかと思ったんですけど、こうやって温かく迎えていただき、ファンの1人としてすごく嬉しいです」とニッコリ。そんな藤井がゲストとして同イベントに登場すると聞いた際の心境を聞かれた星野は「最初は『細野豪さんが来る』と聞いたんですが、実は藤井さんということで最高だと思いました」と目を輝かせた。


また、MCから本作に出演しているのか尋ねられた藤井は「1ミリも出ていません。1秒も出てないです」といい、「(自分の中で)出る予定ではあったんですけど、実際に見させていただいたら、全然出る幕なかったです」と吐露した。




このほか、同イベントでは本作の公開初日(8月30日)にインスタグラムを開設した星野が、藤井の写真を撮影する一幕もあり、また最後には大ヒットを祝してくす玉を行い、藤井は「1ミリも出ていない私がやってもいいのでしょうか」と恐縮しつつ、観客から歓声が上がると「高橋一生さんのつもりでやらせていただきます」と笑顔を見せた。

この記事の画像一覧 (全 30件)

この記事に関連するコメント

mmi-banny @banny_mmi 9月10日

星野源、主演作のヒットに“引っ越し業者”藤井隆駆け付ける「高橋一生さんのつもりで」(ドワンゴジェイピー news) https://t.co/rAjeDkNCl6