浅川梨奈、プライドが邪魔して「イージーモードからはじめられない」

映画・舞台 公開日:2019/09/08 4
この記事を
クリップ

女優・浅川梨奈が6日、都内で行われた映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の初日舞台挨拶に、King&Prince平野紫耀橋本環奈佐野勇斗とともに登壇した。




本作は、アニメ化もされた「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の赤坂アカ氏のラブコメ漫画の実写映画版として河合勇人監督が手がけた作品。秀才たちが通う名門私立校・秀和院学園を舞台に、お互い惹かれあいながらも「告白したら負け」という思いのもと、生徒会長の白銀御行(平野)と副会長の四宮かぐや(橋下)の“恋愛頭脳戦”が繰り広げられる。


浅川は、生徒会書記メンバーでピンクの髪に大きなリボンをつけた空気が読めない天然キャラ・藤原千花を演じた。舞台に登場すると「本日はお越しいただきありがとうございます。朝一から劇場に足を運んでくださった方もとても多く、嬉しく思っております」と笑顔で挨拶。


作品にちなんで質問コーナーでは「プライドが高すぎてできないことは?」の質問に対し、「(プライドが邪魔して)ゲームをイージーモードから始めることができない」と回答した。「ハードモードからでもできるんじゃないかという謎の自信があります。イージーモードでやっちゃうと甘えが出ちゃう」と話し、続けて「1日の半分はゲームをしています」と“ゲーム愛”を猛アピール。


そんな浅川に共演者からは「そんなにゲームをやっているイメージがなかった!」と驚かれる場面も。同世代が多いことから、撮影現場はどんな話でも盛り上がって楽しかったと話す4人。その仲の良さはこの日の舞台挨拶からも感じられた。


最後は登壇者4人で“告”くす玉を割って舞台挨拶は終了を迎えた。今回の舞台挨拶は全国119スクリーンにも生中継され、公開初日から早くもこ期待が寄せられる。また今年続々と主演映画が公開され、女優として注目を集める女優・浅川梨奈の今後にぜひ期待したい。


『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』

全国東宝系にて公開

この記事の画像一覧 (全 5件)