『おっさんずラブ』田中圭、林遣都にユーモア交えアドバイス「凄くズレているから気をつけろ!」

映画・舞台 公開日:2019/09/04 16
この記事を
クリップ

俳優の田中圭林遣都が4日、都内で行われた『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』の大ヒット御礼舞台挨拶に瑠東東一郎監督と出席した。




田中は林に対して「『おっさんずラブ』がピュアなラブストーリーになったのも絶対的に牧という男を遣都が生きてくれたから。感謝しています」と本音を伝えて「どうせこれから先も付き合いは一生ものだと思うけれど、一つだけ言うとするならば、たまにズレているから気をつけろ!ホントに凄くズレているから気をつけろ!」とユーモア交じりにアドバイスを送った。


これに林は「そのズレているダメな部分もひっくるめて、圭君は付き合ってくれる。圭君の周りにはいい人間関係があるので、私生活でも仲良くさせてもらっている。牧という役が沢山の人に愛される環境を作ってくれたのは圭君。牧を作ってくれたのは春田さん。その春田さんを演じてくれたのが俳優・田中圭さんだったから、迷わずにやれた。尊敬の念を持っています。これからも変わらずにいてほしい」と思いを込めた。


また田中はキャスト&スタッフについて「家族じゃないけれど、家族みたいだし、友達だけれど友達じゃない、共演者だけど共演者じゃないみたいな。言葉では上手く言い表すことができないけれど、一体感とよくわからない絆みたいなものが生れた」とチームワークの強さを強調。劇場版ゆえに新キャラの登場もあったが「ドラマとは違うパワーアップもあって、新しい人たちが『おっさんずラブ』の世界観にすんなりと入って来てくれたことには感謝。いいチームワークになった」と胸を張っていた。

この記事の画像一覧 (全 7件)