佐藤健 華やかオーラを封印し新境地、“やさぐれ感”を醸し出す

映画・舞台 公開日:2019/08/29 4
この記事を
クリップ

俳優の佐藤健が主演を務める白石和彌監督の最新作『ひとよ』(11月8日全国公開)の場面写真が解禁となった。

どしゃ降りの雨降る夜、ある家族に起きたひとつの事件。それは、母親とその子どもたち三兄妹の運命を激変させた。その夜から、心の傷を抱えたまま別々の人生を歩んだ家族は、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した家族の絆を取り戻そうともがき続けた先に訪れる結末とは―――。

主演に、15年前の事件に縛られ家族と距離をおき、東京でフリーライターとして働く次男・雄二を演じる、佐藤健。町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩む長男・大樹に鈴木亮平、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子に松岡茉優、そして、15年ぶりに三兄妹のもとへと帰ってくる母親・こはるを田中裕子が演じる。



主演の佐藤健は、フリーライターとして働く稲村家の次男・雄二を演じるにあたり、これまでの華やかなオーラを封印。役作りとして初めて無精ヒゲを生やし、ヘアスタイルは無造作にかき上げたオールバックと、これまでにない“やさぐれ感”を見事に醸し出している。緊迫した表情でシャツ姿の男につかみかかる様子を収めたカットをはじめ、どのカットでも眉間にしわを寄せ、鋭い眼差しでピリついた様子を見せる佐藤の新境地に注目だ。

一方、田中裕子が演じたのは、子供たちの幸せを守るため、愛する夫を手にかけてしまうも、15年ぶりに帰って来る母・こはる。互いに神妙な面持ちで雄二と向き合っているカットは、彼がこはるに15年分の想いをぶつけて詰め寄る緊迫のシーン。撮影時は、演じる佐藤と田中の目力の強さがあまりに印象的だったため、白石監督がモニター越しに思わず「吸い込まれそうだ…」と漏らしたという。久々に再会した嬉しさから園子を抱きしめるカットもあり、三兄妹それぞれとの関係がどのように再構築されていくのか、その変化も大きな見どころとなっている。

また、鈴木亮平は、三兄妹の中で唯一自分の家庭を持つ長男・大樹を演じる。昨年、NHK大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛を演じ、来年は映画『燃えよ剣』で新選組の局長・近藤勇役に決定しているなど、力強い役柄を演じることが多い鈴木。本作ではこれまでとは異なり、吃音が原因でコミュニケーションに苦手意識を持つ役で、新たな一面を披露している。眼鏡に作業服という地味な出で立ちでこの難役をどのように演じるのか、期待が高まる。

松岡茉優が演じるのは、美容師になる夢を諦め、スナックで働く長女・園子。松岡は毛先をブリーチした明るい髪色にし、あか抜けきらない雰囲気を醸し出す役作りで、撮影に臨んだ。現場では積極的に提案をし、カンヌ国際映画祭で最高賞・パルムドールを受賞した『万引き家族』や、主演作『勝手にふるえてろ』でも披露した、真に迫る演技は必見!

その他にも、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が決定した佐々木蔵之介や、白石監督作品への参加が通算9作目となる音尾琢真、主演映画『よこがお』が公開中の筒井真理子、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」「相棒」シリーズなどの浅利陽介、出演作で常に存在感を放つ韓英恵、『孤狼の血』に続き白石組へ2度目の参加となるMEGUMI、そしてバラエティで引っ張りだこの大悟(千鳥)など、多彩なキャラクターたちが重厚なストーリーを彩る。

15年前の事件により、決定的に運命が変わってしまった稲村家。三兄妹たちはそれぞれ傷を抱えたまま時が経ち、突如こはるが帰って来るが、果たして彼らは、壊れてしまった絆を再び深めることが出来るのか―。


(c)2019「ひとよ」製作委員会

この記事の画像一覧 (全 6件)