舞台『幽☆遊☆白書』開幕、崎山つばさの見どころは「霊丸」

映画・舞台 公開日:2019/08/28 7
この記事を
クリップ

冨樫義博氏の人気マンガを原作とした舞台「幽☆遊☆白書」の公開ゲネプロが28日、都内で行われた。ゲネプロ前には会見が行われ、浦飯幽助役の崎山つばさ、桑原和真役の郷本直也、蔵馬役の鈴木拡樹、飛影役の橋本祥平、コエンマ役の荒木宏文が出席。公演にかける意気込みを語った。


約1ヶ月の稽古期間を経て、いよいよ幕が上がる。座長の崎山つばさは「演劇として観てもらいたいし、2.5次元作品の部分もあわせて楽しんでもらえれば。原作を知ってもらえる方は懐かしいなと思っていただき、初めて観る方はこんな舞台見たことないと思ってもらえる」と完成度に自信。鈴木拡樹も「最初の稽古で幽助が喋った時『幽☆遊☆白書』が帰ってきた!と思った。観てくださる人は同じ気持ちになる」と胸を張った。




原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1990~94年に連載された冨樫氏の言わずとしれた代表作品。テレビアニメ化はされていたが舞台版が制作されるのは初となる。人気作品の実写化とあって「これほどまでにプレッシャーと緊張を味わった顔合わせは初めて」と橋本祥平。「最後までプレッシャーと緊張と戦いつつ、最高のものを届けるよう頑張ります」と意気込んだ。


荒木宏文は、コエンマのおしゃぶりを口に加えたまま挨拶したためマイクは口元の右に。イレギュラーな対応に、本人も「おしゃぶりが邪魔でマイク持つのがいつもと違うんですが…」と苦笑い。郷本から「本番中もおしゃぶりをしゃぶったまま?」と聞かれると、「そうだね、このまま話していこうと思う。舞台上に字幕は出るかもな!聞き取れなかったら字幕出すかもな!」と冗談めかして笑わせた。


見どころは、やはり幽助の必殺技「霊丸(れいがん)を打つシーン」と崎山。「4ヶ所打つシーンがあって、最後が1番好きかなぁ…」と付け加えた。郷本は「幽助が乗り移っているシーン。見事なコラボをぜひみてほしい。あと、コエンマがもしかしたらおしゃぶりを落とすかもしれない。その瞬間をおさえていただきたい(笑)」といたずら顔だった。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 20件)