西島秀俊&西田敏行「任侠学園」上映前に舞台挨拶でも笑いの嵐

映画・舞台 公開日:2019/08/27 5
この記事を
クリップ

世の中のルールは絶対守る、社会貢献が大好きな弱小ヤクザ“阿岐本組(あきもとぐみ)”が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院や映画館など、困ってる人たちをボランティア精神で助ける今野敏による人気小説『任侠』シリーズ(中公文庫)が、西島秀俊西田敏行のW主演で、遂に映画化。シリーズの中でも、特に根強く愛され続ける『任侠学園』が9月27日(金)より公開される。




この度、W主演を務めた不器用で親分に毎回振り回される阿岐本組No.2の日村役の西島秀俊、「頼まれたら断れない」強面だけどどこか憎めない組長役の西田敏行をはじめ、主演2人を支える阿岐本組の組員役の伊藤淳史、阿岐本組が理事となって再建を図る高校の問題児役・葵わかな葉山奨之桜井日奈子、事なかれ主義の校長役・生瀬勝久、そして本作のメガホンをとった木村ひさし監督が集結した《完成披露試写会》が本日8月26日(月)にイイノホールにて行われた。

完成披露試写会の会場は、ついに初披露となる本作を心待ちにするファンで埋め尽くされた。壇上にキャスト・スタッフのシルエットが映し出されると客席からは歓声があがり、続けて幕が振り落とされキャストらが現れると場内は割れんばかりの声援に包まれた。

W主演の西島は、「ついに初お披露目で、すごく緊張しています」とこの場に立った感想を述べながら、「気楽に見ていっていただける作品なので楽しんで行ってください!」と語った。そして西田が、「今日のお客様はほとんど入場無料だから9月27日に公開になるので、その時は有料のお客さんにたくさんお声がけください」と西田節たっぷりの挨拶をすると場内は笑いに包まれた。また生瀬も「私も緊張してしまって…たくさんの方に宣伝してくれたら出演中のドラマの犯人教えます」とおどけて笑いを誘い、現場さながらの息の合った様子を見せた。

今まで西島は、ヤクザ役を演じたことについて「いままでにヤクザに潜入する役柄は演じたことがあるが、ヤクザ役は初めて」と語り、続けて「私が演じたのは普通のヤクザではないので、白竜さんのような本物の…」といったところで場内から笑いが起き、「違う違う!そんなこと言うわけないじゃない!」と焦った様子。また、西島を振り回す親分役の西田は、「『アウトレイジ』では、私が若頭役だった。今回は西島君が若頭役を演じると聞いて、どんな風になるのかなと期待と不安でいっぱいになったけれど、ちゃんと綺麗で、立派な若頭でした」と太鼓判。

また、今回のイベントでは、そんな本作の地元を愛する弱小ヤクザ・阿岐本組の「世間のルールは絶対守る!」というモットーにちなみ、キャストらに自身のルールやこだわりを聞くと、葉山と葵が「ハンカチを必ず持つ」、伊藤が「僕はリップがないと車で家に戻るくらい焦ってしまう。」と日常のこだわりを語り、また桜井は「溜息をつかない。ついてしまったら3秒ルールで吸い込んだらセーフ」と笑ってみせ、以前生瀬と約束した「“暑い寒い眠い”と言わない」と合わせて守っていると語った。

そして、イベントの最後、本作について西田は「決して皆さんを裏切るようなことはない作品になったと確信しています」と語り、西島は「自分で言うのもおこがましいのだけど、完成した作品を見ていてつい涙がこぼれるようなシーンもありました。面白いだけじゃない、笑って泣ける人情コメディ」とコメントし、両者ともに本作への自信を伺わせ、大盛り上がりの中イベントは幕を閉じた。


<ストーリー> 困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。組長は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてし まう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組 NO.2 の日村は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかった が、“親分の言うことは絶対”!子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだったー。


■『任侠学園
9月27日(金)全国公開
出演:西島秀俊 西田敏行 伊藤淳史 葵わかな 葉山奨之 池田鉄洋 佐野和真 前田航基戸田昌宏 猪野学 加治将樹 川島潤哉 福山翔大高木ブー 佐藤蛾次郎桜井日奈子 白竜 光石研 中尾彬(特別出演) 生瀬勝久
配給:エイベックス・ピクチャーズ / 企画・制作プロダクション:ROBOT
(C)今野敏
(C)2019 映画「任侠学園」製作委員会