玉城ティナ 怖いほど美しい「地獄少女」圧倒的ビジュアル解禁

映画・舞台 公開日:2019/08/22 4
この記事を
クリップ

伝説的人気テレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミック(「なかよし」で連載)をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、そして、遊技機など幅広く展開され、確固たる人気を博してきた「地獄少女」が満を持して実写映画化され、11 月15日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショーで公開が決定。先日解禁された特報映像とポスタービジュアルはたちまち反響を呼び、ツイッターのトレンド入りも果たしたことから作品への高い注目度がうかがえる。

その地獄少女の主人公 閻魔あいをはじめとするキャラクタービジュアルが解禁となった。

誰もが胸に秘める憎悪や嫉妬など負の感情を【復讐の呪い】として描くことで、「怖いけれど、覗いてみたい」──視聴者のそんな恐怖と好奇をグサリと刺し貫いて魅了し、一大カルチャー・ムーブメントへと発展したあの伝説の『地獄少女』。主人公 地獄少女・閻魔あいを演じるのは、『Diner ダイナー』、『惡の華』と話題作への出演が続く玉城ティナ

あの大人気の三藁を演じるのは、地獄少女に付き従う〈三藁〉には強烈な個性を放つメンバーが揃った。和服姿の老人にして実は車輪の妖怪である怒れる輪入道には、舞踏界のレジェンド麿赤兒。セクシーな美女の姿で男を誘惑する、実はガイコツ姿の骨女には、ゾッとする特殊メイクさえも色香へと昇華させる橋本マナミ。どんな場所でも見ることが出来る、隠れた目を持つ刀の化身である一目連には、『最初の晩餐』を控える注目の楽駆が、「独特なオーラ」を見出され、新人ながら見事オーディションで抜擢。

さらに森七菜(『天気の子』ヒロインの声)はじめ、仁村紗和大場美奈SKE48)など、最旬の若手俳優陣の競演も話題。『貞子 vs 伽椰子』『不能犯』で唯一無二の世界観を確立した鬼才・白石監督の暴力的なホラー感覚と、原作の妖しく危険な世界観が融合し、美しくも最凶の因果応報【地獄送り】ダークファンタジーがいよいよ解禁となる。

今回解禁されたキャラクタービジュアルは、閻魔あいと三藁の2種類。どちらもアニメ版との比較ができるようになっている。まずは玉城ティナが演じた、主人公 閻魔あい。漆黒の着物姿、裾に極彩色の草花があしらわれ、帯には孔雀の羽が…!畏怖するほどに美しくも禍々しいその立ち姿はまさに地獄少女そのもの。制服姿の閻魔あいも、可憐にしてこの世の者にあらざるほどの美しさが際立つ。手には赤い糸が巻かれたわら人形が。この糸を解くと地獄送りの契約が成立する。

玉城本人は小学生の時に原作と出会い、好きな作品だとコメントしている。再現できる者はいないのでは?と危惧されたキャスティングだったが、玉城の名前が挙がるや、全員一致での決定となった。




もう一つ解禁されたキャラクタービジュアルは、地獄少女・閻魔あいに付き従う<三藁>たち。橋本マナミ演じる骨女は口裂けに片目なしと思わずゾッとしてしまうビジュアル。「極力人間性を排した演出」で更に際立つ色香が、恐ろしくも、切なく妖艶な骨女を作り上げた。刀の化身とされる一目連の、見据えられるとたじろぐほどの、鋭くも甘やかな視線と、そのノーブルで涼やかなビジュアルに息を飲む。

そして和服姿の老人にして、車輪の妖怪でもある輪入道は麿赤兒。プロデューサー、監督からの「最初からこの人しかいないと思っていた」と熱烈ラブコールの期待を上回る、迫力と存在感はさすがレジェンド。映画ではその舞踏的、躍動感あふれる立振舞いが見事。

今回解禁された玉城ティナ演じる閻魔あいの詳細なビジュアルと新たに解禁された使い魔<三藁>たちの禍々しいビジュアルにますます期待が高まるばかり。公開が楽しみだ。


■『地獄少女
11月15日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー
玉城ティナ
橋本マナミ 楽駆 麿赤兒
森七菜 仁村紗和 大場美奈SKE48
森優作 片岡礼子 成田瑛基藤田富 波岡一喜

監督・脚本:白石晃士
原案:わたなべひろし 原作:地獄少女プロジェクト
製作:NBC ユニバーサル・エンターテイメント  藤商事 ギャガ ギャンビット制作プロダクション:ダブル・フィールド
配給:ギャガ
©地獄少女プロジェクト/2019 映画『地獄少女』製作委員会

この記事の画像一覧 (全 2件)