内博貴、先輩佐藤アツヒロは「パワハラ一切なし!」

映画・舞台 公開日:2019/08/21 7
この記事を
クリップ

本日、舞台「ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!」の囲み取材が、上演劇場となる新橋演舞場にて行われ、佐藤アツヒロ内博貴真琴つばさ八十田勇一斉藤優里愛原実花福田転球羽場裕一が出席した。




本舞台は、憧れの先輩・久保田所長(羽場)がパワハラ疑惑で訴えられたことにより、エリート街道まっしぐらの社員・倫太郎(佐藤)が、先輩のために真相を究明するために奮闘する姿を描いた笑って泣けるお仕事コメディ。


佐藤にとって新橋演舞場に立つのは初となるが「客席からはよく見ていたのですが、いざ立つと空気感や歴史を感じます」と表情を引き締めると、今年他界したジャニーズ喜多川氏が、いつも新橋演舞場の公演の際に使っていた暖簾を今回楽屋で使用していることを明かす。「普段、僕は暖簾を楽屋にかけないのですが、これも何かの縁だと思います。しっかりと受け止めて頑張りたいです」としみじみと語っていた。


佐藤演じる倫太郎の後輩役の内は、佐藤について「大先輩なのですが、アツヒロくんは一切先輩、先輩という感じを出さず普通に接してくれる方。僕らからしても一緒にいて、居心地の良い空気を作ってくださるんです。パワハラなんて一切ないです」と絶大な信頼を置いていることを明かしていた。


元乃木坂46の斉藤は、本作が卒業後の初舞台となるが「最初はすごく緊張していたのですが、皆さんがすごく優しくて緊張がほぐれました」と笑顔。真琴&愛原の元宝塚コンビも、愛原が「一緒に並ばせていただくと、真琴さんの相手役になれているような気持ちになって嬉しいです」と破顔すると、真琴も「娘役さんは口がうまいんですよ」と突っ込みを入れつつ「愛原さんにはとてもお世話になっています。私は以前、つかこうへいさん演出の舞台『幕末純情伝』を新橋演舞場でやったことがあるので、ご縁を感じています」と本作に特別な思いがあることを述べていた。


佐藤は「チームワークで突っ走りたい」と力を込めると「千秋楽まで、皆さんに笑いと涙、最後には幸せになってもらえるお芝居を見せたいです」と意気込みを語っていた。

この記事の画像一覧 (全 5件)