乃木坂46井上小百合、矢島舞美ら出演、 映画「フラガール」が舞台化決定

映画・舞台 公開日:2019/08/20 4
この記事を
クリップ

2006年に公開された映画「フラガール」の舞台化が決定した。10月18日から東京・日本青年館ホール、11月2日から大阪・サンケイホールブリーゼで上演される。

映画「フラガール」は昭和40年という時代を背景に、エネルギーの石油化の波に飲まれながらも、需要の下がる石炭を堀り続ける福島県いわき市の炭鉱町を描き、滅んでいく産業の中で働く人間が、力強く生きていく姿をみごとに表現し、常磐ハワイアンセンター設立までのエピソードを、フラガールに生まれ変わっていく少女達の笑顔と涙で描いた作品で、第 80 回キネマ旬報ベストテン1位、第 30 回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。

今回、12年の時を超え舞台化にあたり、フレッシュなキャストが集まった。




フラガールのリーダー谷川紀美子役に、乃木坂46井上小百合。かつて都会のダンサーだったにもかかわらず炭鉱の娘達にフラダンスを指導することになる平山まどか先生役に元℃-ute のリーダーを矢島舞美が演じる。父親に勧められフラガールに参加する引きこもりの娘で、映画版では南海キャンディーズの山崎静代が演じた、熊野小百合役に富田望生

また、フラガールのメンバーには、「トクサツガガガ」みやびさんで話題の吉田美佳子が出演。「おっさんずラブ」のまいまい役で個性派女優として注目の伊藤修子 などが顔を揃える。

フラガールたちをとりまく男優陣には、「熱海殺人事件」3 年連続主演を務めた味方良介や、ボーカルユニット SOLIDEMO のボーカリスト中山優貴らが舞台を支える。

炭鉱を支え続ける事が女の生き方と信じ、娘紀美子と対立する母親、谷川千代役に数多くのテレビ、映画、舞台で幅広く活躍する有森也実。炭鉱を閉じ常磐ハワイアンセンターへの計画を進めるも、頼りない企画部長、吉本紀夫役にNHK 朝の連続ドラマ小説「朝が来た」で炭鉱夫の主を演じた 山崎銀之丞

そして、羽原大介と李相日の映画原作を新作舞台化するにあたり、総合演出をフジテレビのトレンディドラマの産みの親 河毛俊作が務め、そしてプロデュースと構成演出として、現代エンタテイメント演劇の巨匠岡村俊一が名前を連ねる。

本公演は10月18日から東京・日本青年館ホール、11月2日から大阪・サンケイホールブリーゼで上演される。 チケット発売は9月を予定。



「フラガール - dance for smile - 」公演概要


■作 羽原大介 李相日
■総合演出 河毛俊作
■構成演出 岡村俊一

■出演
井上小百合(乃木坂 46)/矢島舞美富田望生吉田美佳子 伊藤修子
味方良介 中山優貴(SOLIDEMO)/有森也実山崎銀之丞 ほか


■公演日程
東京・日本青年館ホール 2019 年 10 月 18 日(金)~ 10 月 27 日(日)
大阪・サンケイホールブリーゼ 2019 年 11 月 2 日(土)~ 11 月 4 日(月・祝)

この記事の画像一覧 (全 7件)