石田ゆり子、三谷幸喜にまさかの直談判「私、わりと面白いんですけど」

映画・舞台 公開日:2019/08/19 11
この記事を
クリップ

本日都内で、9月13日(金)から公開の三谷幸喜監督最新作『記憶にございません!』完成披露試写会が行われ、主演の中井貴一、共演のディーン・フジオカ石田ゆり子草刈正雄佐藤浩市斉藤由貴木村佳乃吉田羊三谷幸喜監督が登壇した。


国民から嫌われ、史上最低の支持率2.3%を叩き出した総理大臣・黒田啓介を演じるのは中井。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。金と権力にしか目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまい―。




三谷の真骨頂である、主人公を中心に色濃い人間模様が今作でも描かれており「三谷コメディ」の最高傑作となっている。三谷の映画作品は今作が初参加となる訳アリの総理婦人を演じたのが、石田ゆり子。「ずっと出演したかったのですが、なかなか声を掛けてもらえず…今回出演できて大変幸せです」とハニカミ。そんな中、石田が「私にはコメディエンヌの才能があります」という直談判を三谷にしていたというタレコミが。真意を問われると「あんまり覚えてない…」と濁す石田に、「僕はしっかり覚えている」と三谷。


すると石田は「三谷さんは厳し方なので、力がない人は使ってもらえないというのはずっと分かっていたんですね。私が呼ばれないのはそこに及ばないからだろうと思い…黙っていたら絶対呼んでもらえないと思ったので、“私、わりと面白いんですけど”“面白いことはできますよ”とずっと言っていた気がします」と告白。これに対し三谷も「普通、そういうアピールする人ってあんあまり面白くないんだけど、この方の場合は本当に面白くて。彼女のコメディエンヌとしての面白さを、いつか作品で皆さんに見せてあげることができたらなと」とどうやら相思相愛だった様子。しかしながら、「今回難しかったですけど…次はぜひ」とまさかの衝撃発言。「こっ今回、ダメでした?」と驚く石田に「あっ今のは冗談です。彼女がすごく傷つきやすい方だということを忘れてました」と三谷節でジョークを飛ばしていた。



この記事の画像一覧 (全 22件)

関連記事

Md w8uzgoygoyvqi013tyt
ディーン・フジオカ、三谷監督から“官僚顔”と太鼓判も「ちょっと面倒くさかった」
芸能総合 27
Md jpn4hjt4k11nc1sviu2
『凪のお暇』“壊れそう”な中村倫也が「本気出してみる」
TV 8
Md e0re3ph4ih3nt72jubh
石田ゆり子、さんまとの共演に及び腰「息ができなくなるんです」
TV 1
Md r0kbq7v01ku8uxhuxti
星野源が大竹しのぶの舞台で目撃した、さんまの“らしくない姿”とは?
TV 3
Md c6y0v6hp6hmlgkvb6z9
福山雅治、クラシックギター初挑戦の楽曲が収録
映画・舞台 4
Md jc86deqp3axh2zy4kzv
『まだ結婚できない男』シュールな予告映像には阿部寛の熱い想いが
TV 5
Md zru9qqsgp6x7pq36u2j
本日、斉藤由貴の生誕日!『最初の晩餐』“お母さん”の未公開場面が公開
映画・舞台 5
Md cqp05qzy5k1s4er89xs
広末涼子は着物姿のボンド・ガール!?『嘘八百』続編ポスター&特報解禁
映画・舞台 3