「殺カレ死カノ」主題歌は奥華子、感想の一言がきっかけで映画音楽も

映画・舞台 公開日:2019/08/07 7
この記事を
クリップ

「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明日も頑張って生きようと思える」 ――Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)が実写映画化、11月15日(金)全国公開される。

W主演の間宮祥太朗&桜井日奈子が演じるのは、「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年・小坂れいと「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女・鹿野なな。さらに、恒松祐里、堀田真由、ゆうたろう、箭内夢菜、金子大地、中尾暢樹ら2019年最注目の瑞々しい魅力溢れる若手俳優たちの豪華競演が実現した。その感動は予測不能!すべての孤独をあたたかく癒す、いびつでピュアなニュータイプ・ラブストーリーを紡ぎ出す。

本作の主題歌を担当するのは、恋愛ソングの名手として幅広い世代から支持を集める奥華子。




劇場版アニメーション「時をかける少女」(2006/細田守監督)の主題歌『ガーネット』で多くの観客の心をつかんだ彼女が本作で再び唯一無二の歌声を響かせる。本作のために書き下ろした主題歌のタイトルは、『はなびら』(作詞・作曲:奥華子)。映画主題歌としては、4作目の提供となるが、自らの代名詞ともいえる失恋バラードや心に深く刺さるメッセージソングなど数多くの楽曲を発表し続けてきた彼女が、満を持して書き下ろした映画主題歌だけに、期待が高まる。

さらに、奥華子は、本作で映画音楽にも初挑戦している。主題歌決定後、本編のラッシュを見た奥から「きれいな水のようなイメージです」という感想が届いたのがきっかけだ。映画音楽を作るにあたり、この奥華子の一言がまさしく本作の音楽で表現したい一つでもあったことから、映画音楽も奥華子にオファーをすることとなった。奥と小林監督は一曲一曲、話し合いながら綿密なやり取りを続け、ピアノをメインに全21曲の映画音楽を作曲。セリフと画と音楽で三位一体となるよう緻密に計算された音楽で作品を彩っている。


今回の発表に合わせて奥華子のほか、主演の間宮祥太朗、桜井日奈子、原作者・世紀末、小林啓一監督からコメントが届いている。


<奥華子 コメント>
世紀末さんの世界観が好きで原作を読んでいたので、主題歌と劇中音楽のお話を頂いた時は本当に嬉しかったです。瑞々しい映像と大切な言葉が散りばめられた一つの物語に、心が掴まれて何度も涙が出ました。人を想う強さや、生きている喜びも切なさも素直に全部が愛おしいと思える作品でした。主題歌『はなびら』は前向きな力強さと映画の優しい光の世界観もイメージしながら作りました。劇中音楽は初めての経験でしたが小林監督と何度もイメージを共有しながら、とても繊細なところまで妥協なく作る事ができました。この音楽が映画と共に観た人の心に残れば幸いです。

<間宮祥太朗 コメント>
奥華子さんの音楽あってこそ、この映画は清く美しく感じてもらえると思います。音が静かに泣いたり笑ったりしている様で、登場人物達の感情の機微に観客を誘う。観ている方々の温度に優しく触れる。この映画に寄り添う音楽に報われに来てください。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)