大泉洋のアドリブに三浦春馬タジタジ…「こんな夜更けにバナナかよ」メイキング公開

映画・舞台 公開日:2019/08/06 17
この記事を
クリップ

興行収入11億円突破の大ヒット映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のBlu-ray&DVDが8月7日(バナナの日)に発売される。


大泉洋を主演に迎え、高畑充希三浦春馬らオールスターキャストが揃い踏みの本作。車イス人生を駆け抜けた実在の人物・鹿野靖明と彼のボランティアたちによる感動の実話。この度、Blu-ray・DVD発売&レンタル開始を記念して、豪華版に収録されるメイキング映像が一部公開となった。


鹿野(大泉洋)の手紙を田中(三浦春馬)が代筆するシーンでは、大泉と前田哲監督の台詞の応酬に、代筆を務める三浦から「ど、どうします?」と困惑のツッコミが。大泉のアドリブも入り、初日から笑いの絶えない撮影現場の模様が収められている。


オール北海道ロケで撮影が行われた本作。撮影に参加頂いたエキストラの皆さんに、キャストより挨拶をする場面では、「大泉さんの北海道でのスター性を(撮影開始から)既に感じている」と語る三浦に対し、「感じちゃう?それ。やだなもう」と満更でもない様子の大泉。続く萩原聖人は北海道ロケの素晴らしさを語り、高畑充希も共に感謝の気持ちを伝える。高畑が挨拶を終えると、エキストラから「かわいい!」という声が殺到。「かわいいって言われてるよ」と大泉に話が振られると、「格好いいだ、かわいいだとうるさいから」と嬉しそうに周囲の声に応え、キャストのやりとりに歓声があがる場面も。和気藹々とした撮影模様が垣間見える映像は必見。




豪華版の特典ディスクには、メイキングのほか、完成披露や大ヒット記念などのイベント映像集、本編ではやむなくカットされたもう一つのエンディング、未公開シーン集とここでしか見ることのできない豊富な特典を収録。また、映画本編&特典ディスクはすべて「バリアフリー日本語字幕」付き。さらに豪華版、通常版の共通特典として、本編ディスクには、今だから話せる撮影ウラ話、細かい美術設定、医療・介助面での解説など監督とスタッフが本作にかける思いを熱く語るオーディオコメンタリーを収録。


「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

2019年8月7日(水)Blu-ray&DVD発売!

豪華版3枚組(初回限定生産):6,800円+税

通常版Blu-ray:4,700円+税

通常版DVD:3,800円+税


発売・販売元:松竹

©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会 



   


   



この記事の画像一覧 (全 10件)