林遣都「おっさんずラブ」で田中圭と再び“恋愛”できるか不安だった

映画・舞台 公開日:2019/08/02 43
この記事を
クリップ

8月5日発売の「AERA 8月12日・19日合併号」(朝日新聞出版)の表紙に、林遣都が登場する。




社会現象となった連続ドラマから1年。8月23日、ファン待望の続編となる映画「劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~」が公開される。8月5日発売のAERA 8月12日・19日合併号では、ドラマ同様、この映画にも牧凌太役で出演する林遣都に表紙に登場。撮影は、蜷川実花だ。

スタジオに現れた林遣都は、物静かで控えめ。カメラの前ではぎこちなささえ感じさせるほど、いってみれば「素人」っぽい。それなのに、レンズを通してみれば、大きな瞳ときらめくような透明感が半端ない。口を開けば、その言葉は明快で誠実そのもの。

インタビューでは、ドラマですっかり仲良くなった田中圭と再び「恋愛」ができるのかと不安だったこと、アドリブの多い現場で、「瞬発力のすさまじい」役者たちに向かって自分自身も「いろんな球を投げた」こと、過去の自分に声をかけるとしたら言いたいこと、などについて語っている。

さらに、7月末に髙橋大輔の主演で大成功を収めた氷上の舞台「氷艶2019」をたっぷり3ページで誌上ルポ。巻頭特集では最近ブームの「筋トレ」をビジネス視点で読み解く。ミュージカル「刀剣乱舞」などで知られる2.5次元俳優の三浦宏規が、特集のモデルを務めている。


■AERA (アエラ) 2019年 8/12-8/19 合併号
表紙:林遣都
特別定価:410円(税込み)
発売日:2019年8月5日
発行:株式会社朝日新聞出版

【関連商品】