早乙女太一&中島かずき登壇、この夏最後の「プロメア」イベントが決定

映画・舞台 公開日:2019/07/26 16
この記事を
クリップ

人気TVシリーズ「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)の最強の二人、アニメ界を沸かせる今石洋之と演劇界を牽引する中島かずきが構想から6年の時を経て、二人の想いの全てを注ぎ込んだ究極のバトルエンタテインメントが誕生。他に類をみない規格外のテンション・スピード・革新的映像表現で観る人の魂を熱くする映画「プロメア」が異例のロングラン大ヒット上映中だ。
本作の声優には、主人公で消防隊<バーニングレスキュー>に所属する新人隊員ガロ役に松山ケンイチ、ガロの宿敵となるリオ役に早乙女太一のW主演が実現。さらにガロの上司であるクレイ役に堺雅人、その脇を固めるケンドーコバヤシ、古田新太など超豪華キャスト陣が集結した。さらに、主題歌とエンディング主題歌は、Superflyが本作の世界観をイメージして描き下ろし、魂を揺さぶるような楽曲が本作を盛り上げている。




そしてこの度、ゲキ×シネと「プロメア」とのコラボ上映イベントの実施が決定した。
ゲキ×シネは劇団☆新感線の人気舞台の映像を映画館で楽しむ話題の映像エンターテインメント。中島かずきは劇団☆新感線の座付き作家として数々の舞台脚本を手掛けており、今回「プロメア」とコラボする「蛮幽鬼」(2009年上演)も中島が脚本を手掛けた。早乙女太一、堺雅人も同舞台に出演しており、「プロメア」の主要キャラクター、リオとクレイのキャスティングに際しては「蛮幽鬼」での演技が念頭にあってオファーがなされたという。様々な繋がりから生まれた今回のコラボ上映イベントでは、上映に加えて早乙女と中島によるトークも行われ、ここでしか聞けない裏話が披露される事必至。この夏最後の「プロメア」イベントに注目だ。

【 大ヒット記念ゲキ×シネ×プロメア一夜のチャンピオン祭 概要 】
◆場所:新宿バルト9 スクリーン9
◆上映作品 ゲキ×シネ「蛮幽鬼」、[プロメア」
◆日程:8/5(月)16時~「蛮幽鬼」+19時30分~舞台挨拶+20時10分~「プロメア」※22時まで
◆登壇者:早乙女太一 中島かずき
◆チケット:4,000円(税込) ※2作通し券となります ※特別興行価格のみの販売となります ※各種割引・ムビチケ等は使用不可となります
7/27(土)新宿バルト9公式サイトにて発売。