杉咲花・新田真剣佑ら若手俳優集結「十二人の死にたい子どもたち」Blu-ray&DVD発売

映画・舞台 公開日:2019/07/23 8
この記事を
クリップ

杉咲花新田真剣佑をはじめとする注目の若手俳優が集結した映画「十二人の死にたい子どもたち」のBlu-ray&DVDが、2019年7月24日(水) に発売、レンタル開始となる。 


原作は、「天地明察」「マルドゥック・スクランブル」の冲方丁が初めて手がけた現代を舞台にした長編サスペンスにして、第156回 直木賞候補にもなった傑作小説。作家自身も映像化困難であると思ったという本作を「トリック」「SPEC」の堤幸彦が見事に映像化した。“死にたい十二人”を演じるのは杉咲花新田真剣佑をはじめ、全員1995年から2001年と全員平成生まれという、いま注目の気鋭ぞろい。とりわけカメラ5台で最長40分の長回しによる、十二人全員の緊張感が漲る真相に踏み込んでいく場面は、その生々しさに息を呑むこと間違いなし。




発売されるBlu-ray豪華版には、本編に加え特典ディスクを封入。その中でも、監督が止む無くカットしたといわれるシーンを含めたノーカット完全版は、ファン必見の内容だ。また本作の舞台裏に迫ったメイキング映像や舞台挨拶の映像といった、ここでしか見ることができない貴重な映像が収録されている。

そして、Blu-ray豪華版に収録されているブックレットには、登場する十二人のキャラクターとキャストの紹介がされているのはもちろん、本作が企画されて、完成されるまでが記載されたプロダクションノートや堤幸彦監督から十二人のキャストへ向けたコメントも掲載。


堤監督は杉咲花には「モナリザもびっくりの、怒ってるとも泣いてるともとれる表情が圧巻」、新田真剣佑には「神演技をいただきました。すごい逸材!」、北村匠海には「イケメンの顔の内側に硬い信念や、独特のリズムがあっておもしろい」とそれぞれコメントを送っており、高杉真宙黒島結菜橋本環奈吉川愛萩原利久渕野右登坂東龍汰古川琴音竹内愛紗を含めた十二人の演技が起こした化学反応に確かな手ごたえを感じた様子。特典ディスクに収録されるノーカット完全版やメイキング映像などのここでしか見ることができない映像とあわせてチェックしよう。
  
十二人の死にたい子どもたち』 
Blu-ray&DVD 2019年7月24日(水)発売、同時レンタル開始
■Blu-ray豪華版 6,800円+税(2枚組)
■Blu-ray通常版 4,800円+税
■DVD 3,800円+税
発売元・販売元:バップ
(c) 2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会 




   


   


   


   


   

この記事の画像一覧 (全 7件)