土屋太鳳 夏木マリ演出舞台に出演決定、ラブコール実現

映画・舞台 公開日:2019/07/22 7
この記事を
クリップ

エンターテインメントの第一線を走り続ける夏木マリが、2020年6月3日(水)~7日(日)の5日間、世田谷パブリックシアターで3年振りの新作『印象派NÉO vol.4「ピノキオの終わり」』を開催する。

圧倒的な空間と演出のダイナミズムが魅力のコンセプチュアルアートシアターとして、夏木マリが心血を注ぎクリエイションをしてきた印象派NÉOに、この度、テレビや映画、舞台で大活躍の女優・土屋太鳳の出演が決定した。

夏木マリは、 オーストラリア出身の歌手・シーアの「アライヴ」日本版ミュージックビデオで魅せた土屋太鳳のダンスパフォーマンスに魅了され、数年間かけてラブコール。今回実現が実り今作品も革新的にクリエイションに臨む。




出演が決まった土屋太鳳は「子どもの頃から抱く「夏木マリという表現者」への憧れと畏怖。それが「マリさんという人」への尊敬に変わり、その尊敬が憧れと畏怖を加速させ、もっとマリさんを知りたい!と渇望して出会えた扉が「印象派」です。この稀有な世界に挑戦する資格があるのか自問しつつ、憧れと畏怖が沸点に達する瞬間に辿り着こうと思います。」と意気込みを寄せている。

演出家、夏木マリが創る土屋太鳳との新しい印象派に期待が高まる。


■『印象派NÉO vol.4「ピノキオの終わり」』
日時:2020年6月3日(水)~7日(日)
会場:世田谷パブリックシアター(東京都世田谷区太子堂4-1-1)
演出:夏木マリ
出演:土屋太鳳、Mari Natsuki Terroir(マリナツキテロワール)

この記事の画像一覧 (全 2件)